ホーム 02【遊びに行く】 北勢で一番高いところから標高ゼロmまで一気に走ってみた

北勢で一番高いところから標高ゼロmまで一気に走ってみた

シェア

北勢地域のローカル鉄道沿いを走って探検してみようと、まずは近所のナローゲージ北勢線トレースランを走って結構見所があって楽しかった。さて次はと計画したのが湯の山線。でもこの線は土地勘がないので皆さんに紹介できる場所が・・・

地図をにらめっこしたらそうだ!この電車の行き先には湯の山温泉や御在所があるじゃない!だったら北勢地域で一番高い御在所1212mから一気に走り下りて伊勢湾の四日市港まで湯の山線沿いに走ってはどうかと計画してみた。

湯の山温泉駅
まずは近鉄四日市から湯の山線に乗って終点の湯の山温泉駅へ向かう。多分電車でここまで来た事って初めてかも。そしてそのまま駅前にわかりやすく止まっているバスに乗車、ロープウエイ乗り場まで送ってもらう。調べたら以前は手前のバス停で停車し、急な階段を登ってロープウエイ乗り場まで行かなければいかなかったみたい。湯の山かもしか大橋が完成して便が良くなったみたい。

ロープウエイ乗り場

ロープウエイ乗り場前にて。ロープウェーの鉄塔の中で「日本一」の高さの鉄塔イメージでポーズ。
新ゴンドラ

せっかくなので新型ののぞき窓付きゴンドラで向かう。
ちなみにもうお気づきの方がいらっしゃるかも知れませんが、私はサンダルで山を走るのが好きなのです。

ロープウエイ大黒岩

途中大黒岩を横目に通過。いつもこの石がかっこよくって好きです。
リフト リフト

そして最後の乗り物はリフト。これが寒いのなんのって。吹きっさらしでじっと耐えなければいけないのはつらい。

謎のオブジェ

リフト乗り場にあった謎のオブジェ。

スタートライン

乗り物を乗り継いでやっと出発点に到着。足を引っ張りあげてフラフラになってはいポーズでスタート!標高1212mの山頂から走る。

武平 武平

山頂からロードが一番近いのが、武平峠に向かう山道。ただ山頂付近は登山道のみ雪がまだガッツリ残っており素足には厳しい。寒すぎて溶けておらずサラサラなのが助かりました。

トンネル

武平トンネル到着。ここをくぐると滋賀県に行けます。
現在車が通行止めの鈴鹿スカイラインは下りで気持ちいいからとビュンビュン飛ばして走ってしまう。

ゴール

 

この辺にある四日市港が今回のゴール。こんな遠くかすんで見えない場所まで辿り着けるのか?

湯の山かもしか大橋

せっかくなので湯の山かもしか大橋を走って渡る。

湯の山温泉駅

湯の山線のまずは湯の山温泉駅。終着駅らしい雰囲気。

湯の山線

これが湯の山線の車両。ナローゲージの北勢線と比べるとでかい。

アクアイグニス

アクアイグニスの近くに高速道路が出来て、更にお客さんが来やすくなる場所になりそう。

パラミタミュージアム

パラミタミュージアム

大羽根園駅通過〜

 

中菰野駅通過〜

菰野駅通過〜

竹林
途中うっそうと茂る竹林を通り抜ける。
スタート

そして振り返るとスタート地点の御在所が遙か彼方に見える。ここでまだまだ半分ぐらい。

桜駅通過〜

高角駅通過〜

伊勢川島駅通過〜

伊勢松本駅通過〜

中川原駅通過〜

 近鉄四日市駅

そして最終の 近鉄四日市駅。
当初はここがゴールでしたが標高0メートルが目標なので更に海側に進む。

稲葉翁記念公園 稲葉翁記念公園

最終目的地の稲葉翁記念公園まであと少し。そして海抜がだんだん下がっていく〜。

ゴール

 

そして無事ゴールのジャンプ。
足がボロボロですが何とかジャンプも出来て良かった。

 

今回のコース
距離28.79 km
タイム3:41:02
平均ペース7:41 分/km
高度上昇45 m
カロリー1,939 C
コース

 コース動画

 

ちなみに今度はゼロから1212mで逆に海から山頂まで目指してみようかと思うのでご一緒していただける方を募集中!

佐野康治

39歳までメタボ親父が運動に目覚めてトライアスロンにはまる。チーム「ランナーズ・ハイ」運営。運動で地域活性、いいとこ再発見でマラソンや自転車でウロウロ徘徊してます。普段は桑名でビジネスホテルを経営
得意ジャンル:マラソン・トレラン・自転車・トライアスロン・観光・レジャー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で