ホーム 02【遊びに行く】 02音楽 日本を旅する、自称伊勢のミュージシャンになってみた

日本を旅する、自称伊勢のミュージシャンになってみた

シェア

OTONAMIEをご覧の皆様、記者の皆様、運営の皆さまさま、
ムーチョお久しぶりです。
三重県伊勢市は河崎より、ogurockでございます。
本業は勿論、亡き父の後、実家の鰹節屋も手伝いながら
ライフワークでもあるミュージシャン生活も
家族や仲間のサポートのおかげで、
相変わらず続けながら生きてます。

父の鰹節と今現在の鰹節。1年以上かかっちゃったけど大分近くなりました。

前の投稿から随分経ってしまいましたが、
実は今年の春から、
同じ伊勢市民である尺八奏者の竹内洋司くんと
楽器片手に日本全国を旅しています。

尺八奏者 竹内洋司+ogurock(実物とは少々異なります)

大体1ヵ月に10本程舞台に立たせてもらってましたが、
そのうち1~3本程の割合で県外へ遠征してました。
昨年は13県へお邪魔し、年明けの段階で
6つの県を回らせていただく事が既に決まっております。
そんな事をして生きてるんですハイってだけの話といえば
ぶっちゃけそうかもしれません。いや、そうです。
地元である伊勢や三重県を飛び出し、
伊勢のミュージシャンを謳い文句に
なんならOTONAMIEも絡めて
おもしろい事できるかもしれない!ぐふふ。
…なんてやましい事も考えたものの、
特に事務所にも所属していない
僕たちみたいな何処の馬の骨系自称ミュージシャンは、
1件1件お店やイベントへ飛込み営業をして、
ブッキングをお願いする日々。
結構それだけで手一杯になって、
思い描く妄想と現実のズレを実感し続けた365日。
ええ、実際そう簡単には参りません。
カッコよく言えばインディーズ。
悪く言えば実績なんて全くない、
自慢できるテクニックも特にない。あるのは勢いだけ。
それこそ馬の骨。むしろ熊の骨。

2018年の春に愛知県から始まり
大阪城の真横で路上ライブさせてもらったり
広島でギターと尺八を1人でこなすイケメン猛者と対峙したり
熊本からの帰り道。空港で竹内くんがチケット落として館内放送で呼び出し食らったり

基本的に2人のみで動いていたため、
思いがけない事件も沢山ありました。
台風には幾度か泣かされたし、
急性胃腸炎でダウンしたり財布落としたり
(↑両方とも竹内君ですが)
今となってはいい思い出だけど、
今年も色んな思い出が増える予感満載です。

うちでパフォーマンスしても良いよと
仰ってくれた先にお邪魔して、演奏が終わったあとは、
地元のミュージシャンさんやお客さんやスタッフさん方と
夜遅くまでやってる居酒屋さんとかラーメン屋で喋り倒し、
テンションを維持しつつレッドブル飲んで深夜の高速を走り
再び伊勢に戻る。眠くなったら
そのへんのコンビニとかで寝てから帰る。
大体そんな旅をしてました。
広島からの帰り道はどこで寝たのか全然覚えてません。

行く先々で喋る人たちは大抵ミュージシャン同士なので、
音楽の話もたくさんしますが、
同じくらい、お互いの地元の話も沢山します。
僕が三重県大好きなのと一緒なくらい、
どこでも地元愛ってのがちゃんとございまして
これは三重県負けてるわ…!と気づく事もちらほら。
行けばいくほど、
まだまだ僕は井の中の蛙だなって痛感する事だらけでした。

和歌山では寒空の下、地元のミュージシャンたちと語り倒しました。道路の真ん中で。
一昨年地震で被災した熊本は本当に素敵でたくましい人ばかり。見習わねば。

でも結局、音楽という技を勝手に背負って、
これこそ自己責任で県外へ出ると
改めて三重県って、伊勢志摩って
いい所なんだなーって事にも沢山気がつきます。
近所に無いものを遠くで学び、
遠くになかったものを近所で再認識する。そんな感覚。
こうして、全国津々浦々にすむ
出会ったことのないミュージシャンたちに会いに行き、
僕らの音楽を以てして、人と人、
点と点を繋げていく様な作業を淡々と繰り返してます。
いずれ、全国各地でご一緒したミュージシャンや、
旅の途中でできた仲間たちが何らかの形で繋がってくれたら、
なんかロマンチな感じして良いよな。なんて思いつつ。

…毎度のことですが、またしても
言いたい事を言いたいだけの記事になっちゃいました。
いやはや、ごめんなさいね。ごめんなさいついでに、
otonamieを見てくださっている皆様のなかで

「うちでもパフォーマンスしてくれよ!」
みたいな方がもしいらっしゃいましたら
是非教えてください。
お邪魔しますよ、あなたの町へ。
お届けに参りますよ、僕たちの音。

日本は広い。いろんな所へ楽器持って、
見た事ない景色を拝みに行きたいんです。
おっさんにも夢がある。夢を持って生きて何が悪い。
どうせそのうち死ぬなら、
やりたい事やってから適当に死んでやるわ、
みたいな遅れてやってきた反抗期精神に乗っ取って
今年も1秒たりとも無駄にせず、
Rockな人生を歩んで参りますので、
何卒よろしくおねがい申し上げます。

行脚先、随時募集中!
ogurock

ogurock。OTONAMIE公式記者。

伊勢市河崎在住のしがない路上アーティスト。
普段はごく普通のサラリーマンだって言ってるのに

誰も信じてくれないんです。

あと実家の鰹節屋さんのお手伝いとかしてます。

楽器はちょっとだけ弾けます。

みなさま何卒。
この記者が登場する映像

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア