ホーム 00夏 熊野大花火だけではない。名物花火が間近で見れる!7.23きほく燈籠祭@紀北町

熊野大花火だけではない。名物花火が間近で見れる!7.23きほく燈籠祭@紀北町

シェア

燈籠祭01きほく燈籠祭って知っていますか?
東紀州地域に住んでいる人なら、ある程度知っている方はいると思うのですが、三重県北勢部ではほとんど無名のお祭りです。

祭りと言っても花火と巨大な燈籠が主役のイベントです。

燈籠祭02この燈籠祭「海のねぶた祭り」と銘打って大きな燈籠を長島港に浮かべて花火と一緒に競演します。

昭和3年、地元赤羽川(あかばがわ)で行われていた川開き行事として数百羽の都鳥型の燈籠を流したのがその始まりということです。

ただ過疎化、若者の流失等で昭和49年に一時中断しまいました。
しかし昭和62年、当時の商工会青年部を中心とした若者が町に元気を!という気持ちで、イベントとして復活させたことにより現在まで続いています。

この燈籠祭も今年で復活30周年

約3ヶ月間、老若男女のボランティアが夜な夜な巨大燈籠制作場所(ふれあい広場マンドロ)に集まり作られます。この巨大な燈籠は約9mにもなり、間近で見るとその大きさに圧倒されること間違いなし!

この祭りの見どころは、巨大燈籠だけではく花火もオススメ
保安距離ギリギリの距離で打ち上げられる花火は爆音とともに、今にも火の粉が降ってきそうな勢で、特に「彩雲孔雀」「彩色千輪」と言われる花火の同時打ちは必見!

昨年度は、この花火を撮影に全国からカメラマンが集まりました。
※昨年、この写真をアマチュアカメラマンがfacebook等で流したら累計80,000ほど「いいね」をいただきました。

燈籠祭の花火が面白いのは、元花火師もスタッフにいるため、他では見られないような花火が毎年打ち上げられます。

燈籠祭05燈籠祭04他にも昼間から町中でイベントや、スカイランタン体験など、趣向を凝らしたイベントで一日中楽しめます。

燈籠祭03この燈籠祭、運営に関わっている人のほとんどが地元ボランティア。写真は昨年度2015年の様子。

2016年7月23日(土)は一度、燈籠祭を見に来てみては?


紀北町燈籠祭実行委員会

〒519-3204 三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区東長島駅前
ふれあい広場「マンドロ」内
TEL: 0597-47-5378/ Eメール:kihokutourou@gmail.com
URL http://www.touroumaturi.com/
fb https://www.facebook.com/kihokutourou/


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で