ホーム 02【遊びに行く】 三木浦と賀田湾@尾鷲市

三木浦と賀田湾@尾鷲市

シェア

世の中は「三重=伊勢志摩サミット」
この話題で持ちきりだが、私は勝手に「三重の魅力は、県南部にある」と言っている。
このエリアには、今も昭和の原風景が残る漁港が数多く存在し、まるで映画のワンシーンに登場しそうな美しい風景が津々浦々に点在している。

image

中でも三木浦は特別な場所…。
三木浦と聞いて、すぐ場所が分かる人は、三重県人でも少ないと思う。

尾鷲市街から20分ほどにある賀田湾の東側に、三木浦は位置する。かつてはマグロ漁でかなり栄えた港らしい。現在は静かな港で、当時の賑わいはあまり感じられないが、遠洋マグロ船は今も三木浦から世界の海へ出港している。

岸壁から海を覗くと、湾内とは思えない、美しいコバルトブルーの海。賀田湾の最深部は80メートルを超え、真冬でも水温はあまり下がらず安定している為、冬に訪れるダイバーも多い。

image

冬でも暖かな気候で、美しく静かなビーチ。透き通る海では、釣りやダイビングが楽しめる。
月に一度の港の朝市「三木浦こいやぁ」(次回は2月20日開催予定)では、真鯛や伊勢海老などの豊かな海産物が買える。

image

海が目の前の、古民家ゲストハウスもある。

image

地元の方は謙遜して「何もない港町」などと言うが、少なくとも私には、必要なものが全て整っている素敵な港町。

三重県尾鷲市三木浦町

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア

この記事のFacebookいいね!数

81