ホーム 00冬 Water Mirror(水鏡)を撮影しよう!四日市旧港にて

Water Mirror(水鏡)を撮影しよう!四日市旧港にて

シェア

ここ近年、スマートフォンの普及により、手軽に写真撮影が出来るようになった。私もスマートフォンを持ち10年以上が経つが、美味しかった食べ物や美しい風景を日常生活の一コマとして残すことが当たり前になった。

以前なら「眼に焼き付けておきたい」という風景があったら「お父さん!カメラカメラ!」って慌てることが無くなってしまった。

そんな私が憧れる風景はWater Mirror

日本語に直すと「水鏡」だが、池や海などの水面に地上の風景が鑑のように映ることの意味する。千円紙幣の裏面にある「湖に映る富士山」(通称:逆さ富士)を想像してもらえるとわかりやすい。

今日はそんなWater Mirrorに出会いに四日市旧港に出掛けた。


四日市旧港について

(午後の四日市旧港)

この四日市旧港と呼ばれるエリアは、1884年(明治17年)に近代港湾として、回船問屋を営んでいた稲葉三右衛門(1837~1914)が中心となって建設。その後の四日市港と四日市市の発展の原点となった場所である。

(沖の石垣には穴があいているのがわかる)

旧港は、北から東にかけて穴の開いた石垣に囲まれている。現在は石油コンビナートが建っているが、完成当時の石垣の外側は、伊勢湾であった。

この石垣の役割は、外から大波に対し、石垣の外側で一旦受け止め、その穴から勢いを弱めた海水を逃がすことで、港内の水面を穏やかに保つこために設置されている。

その光景を人々は「潮吹き堤防」と呼び、そのまま現在の名称になっている。

(港内の稲葉翁記念公園にある潮吹き堤防のレプリカ)

現在は、レプリカ模型があって、往時の様子を見ることが可能だ。

あっ!レプリカの水面にWater Mirrorが発生中(笑)

(港内には石垣で作られた部分が多い)

ところで「潮吹き堤防」をはじめ、港内には石垣になっている部分を多くみかける。

実はこの石垣・・・桑名城の石垣を流用して造られたもである。

そういえば九華公園(桑名城跡)内にはかつて天守閣や様々な櫓があったずだが、建物はおろか石垣もあまり残っていなかったような・・・どこにいったのかな?ここで使われているのかな?

歴史学者の間で、意見は分かれる話題と聞くが「潮吹き堤防」は国の重要文化財に指定され、現在もその姿を残している。


Water Mirrorが現れるのを待つ

(少しの弱い風でも湾内には波が立ってしまう)

本題に戻ってWater Mirrorの出現条件は、第一に「風」だ。この四日市旧港は、潮吹き堤防によって湾の波などから影響を受けにくいが、一方で冬場は鈴鹿颪(すすかおろし)によって風による波が立つことが多い。

この日はあいにく人肌には感じない風だったが、様々な方向から微弱な大気の流れが水面に現れているのがわかった。

(風も波も穏やかになってきたものの)

二つの条件は時間帯だ。この日はMagic hourと呼ばれる日没の前後を狙った。だんだん水面に青空の色以外に夕陽の色も映り始めた。

(煙突の煙は東へなびいている)

でもMagic hourは一瞬。

いつまでも風は止まず、条件が整わないようだ。

残念ながら今日は退散。

きれいな空の写真は撮れたし、まあそれはそれで満足した。

帰路に考えてみたが、四日市港は東に向かって海が開けている。西は市街地が広がっていて夕焼けは期待できない。

つまり朝なんじゃないの?

明日、晴れたら早起きしていってみよう。

でもWater Mirrorはレアポケモン並みに見つけるのは難しいからと・・・床についた。

みなさんも県内におススメのWater Mirrorスポットがあったら教えてください。


四日市旧港

住所:三重県四日市市高砂町7(稲葉翁記念公園)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で