ホーム 00夏 大人はオトナ旅へ!!優しい潮騒に包まれる伊勢志摩時間が癒される。

大人はオトナ旅へ!!優しい潮騒に包まれる伊勢志摩時間が癒される。

シェア

予定に追われる日常から、
ちょっぴり離れてリフレッシュしたい。

そんな時には、
静かにゆったり楽しめる伊勢志摩へ。

さぁ、オトナ旅に出かけよう!

 

あじさい寺で座禅体験

最初に向かったのは、
あじさい寺として有名な大慈寺

春には河津桜、
初夏には約50種1500株のあじさいが咲き乱れる花極楽。

日常の喧騒を忘れ、暫しの座禅。

目を半分閉じ、
静かに自分の在り方を見つめ直す時間。

心が整った後には、
茶釜の湯でお抹茶を点てる体験も。

温かな住職夫妻に、
仏教や日本の文化、
精神の豊かさについて教えてもらう、
清らかなひと時。

海外からの訪問者も多いのだそう。

大慈寺
住所:三重県志摩市大王町波切409
電話:0599-72-0089
(座禅・抹茶体験は要予約)

 

“絵かきの町”として知られる波切

石段の坂や古い町並み、碧い海など、
画家の創作意欲を掻き立るロケーション満載なエリア。

志摩半島の大王崎の突端に建つ大王埼灯台は、
日本の灯台50選にも選ばれている。

海岸沿いで、
漁から戻った海女さんと遭遇し、
漁獲物を見せてもらうことが出来た。

また道中、
軒を連ねている土産屋や真珠店を覗くのも楽しい。

試食したサメたれにはまり、
お土産に購入。

因みに波切は、
鰹節の一大産地として栄えた町でもある。

古式の鰹の燻しを体験できる小屋へ、
足をのばしてみるのも良いかも♪

大王崎灯台
住所:三重県志摩市大王町波切54
電話: 0599-72-1899

かつおの天ぱく
住所:三重県志摩市大王町波切393
電話:0599-72-4633
※完全予約制

 

昼食は鰹茶漬け?それともうなぎご飯?

昼食は、地元の方おススメの田中料理店

カウンターには、
地元の海の幸がずらり。

ウツボの唐揚げも美味しそう。

人気メニューは、
志摩の名物グルメ『鰹茶漬け』

また田中料理店の近くにある、
創業75年の食事処「しまや」さんも地元で有名。

秘伝のタレのうなぎご飯は、
地域の冠婚葬祭でも重宝されるご馳走。

田中料理店
住所:三重県志摩市大王町波切250−1
電話: 0599-72-0564

しまや
住所:三重県志摩市大王町波切234
電話: 0599-72-0331

 

思わず裸足に!美しいビーチ

白い砂浜と、
透き通った青い海が広がるあづり浜

県内随一の夕陽スポットとしても知られている。

海風に誘われ、
思わずサンダルを脱ぎ、波打ち際へ。

極め細やかな砂浜を、
素足で感じる心地よさ。

子どもの頃に戻ったように、
はしゃいで走り回る。

忘れていた何かを思い出した気がした。

あづり浜
住所:三重県志摩市志摩町越賀2259

 

風情ある木造の海女小屋で海の幸を堪能

太陽が柔らかな光へと変わる頃、
海女小屋 さとうみ庵へ。

獲れたての、
鮑に、サザエに、桧扇貝、イカに、干物等々…

どれも海女さんが
ベストな焼き加減で出してくれる。

シメは、
地場のひじきたっぷりの釜めし。

海女さんの文化や生活など、
貴重なお話を聞きながら頂く海の幸は、
格別のお味。

海女小屋体験施設 さとうみ庵
住所:三重県志摩市志摩町越賀2279
電話:0599-85-1212

 


優しい潮騒に包まれ、
ゆったり贅沢に過ごす時間は、
五感と好奇心を満たしてくれる。

大人な夏のショートトリップ。

撮影:井村 義次

志摩観光ホテルが叶えるオトナ旅
取材:志摩観光ホテル季刊紙「志摩時間」にて
URL:https://www.miyakohotels.ne.jp/shima/

 

福田ミキ

フクダミキ。OTONAMIE副代表。OTONA MASTER。
仕事は東京の企業の社長秘書兼オフィスワークセンター長。数年前から社会人学生でもある。2014年に夫の都合で東京から三重県桑名市にお引越し。涙したのも束の間、新境地に疼く好奇心。外から来たからこそ感じるその土地の魅力にはまる。この記者が登場する記事
※くわブロにて情報更新中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で