ホーム 02【遊びに行く】 「作×半蔵×義左衛門」が東京で楽しめちゃう三重美酒フェア@日本橋三重テラス

「作×半蔵×義左衛門」が東京で楽しめちゃう三重美酒フェア@日本橋三重テラス

シェア

さる七夕の夜。東京日本橋には、彦星ならぬ三重の美酒に酔いしれる織り姫たちが集っていました。

場所は三重県のアンテナショップ「日本橋三重テラス」。

この日、レストランでは三重の食材と三重酒のペアリングディナーを楽しむ「三重美酒女子会」が開催され、総勢30名の女性が参加。鈴鹿市から清水清三郎商店・清水雅恵さん、伊賀市からは大田酒造・大田智洋さん、同じく若戎酒造の重藤邦子さん、3蔵の女将がホストとしてかけつけました。

左から重藤邦子さん(若戎酒造)、清水雅恵さん(清水清三郎商店)、大田智洋さん(大田酒造)

サービスする側もお客様も女性限定の日本酒の会をイタリアンレストランで開催する試みで、会場はそれはもう華やかな雰囲気。日本酒カクテルIGANICでウェルカム。

「MOTOZAKE WAKA-EBIS 」と炭酸水「SAKENIC」を1対1でグラスに注ぎ、オレンジピールを落として爽やかな香りをまとわせた日本酒カクテル/若戎酒造

 

食前酒には半蔵の梅酒を・・・

和歌山県みなべ町の上質な南高梅を「半蔵」の原酒に手作業で漬け込んだ日本酒ベースの梅酒/大田酒造

 

食欲が増したところで・・・この日発売の限定酒「純米大吟醸 若戎-SOUBI-」で乾杯♪

「女性が贈られたい日本酒」をコンセプトに若戎酒造の女性スタッフが中心となって企画開発した純米大吟醸 若戎-SOUBI-。「そうび」とはバラの別名。花束に見えるデザイン、バッグのようなパッケージにも女性ならではのこだわりが。

食事のスタートまでにすでに3種類のお酒が…。なんとも贅沢。この後は料理に合わせて蔵元が選んだお酒とのペアリングディナーです。1杯1杯、蔵元が解説しながらサービスしました。

三重テラス・陣内博將シェフが料理の説明を。

▼メニューはコチラ▼

 

お酒写真もダイジェストでどうぞ!!

3蔵で全10種類のラインナップ
清水清三郎商店 ★作 恵乃智 純米吟醸 ★イセノハナブーケ 純米大吟醸 ★作 concentration 凝縮 H
大田酒造 ★日本酒仕込み 半蔵の梅酒 ★純米大吟醸 半蔵 中汲み生原酒 ★純米酒 木桶仕込み 半蔵☆純米大吟醸 半蔵 神の穂(サプライズ)
若戎酒造 ★日本酒カクテル IGANIC 純米酒 ★純米大吟醸 若戎-SOUBI- ★純米吟醸 若戎 神の穂滓がらみ☆おり姫の夕べ☆彡

 

この日いちばんの超レア酒は、食後酒の「作 consentration 凝縮 H」!!三菱ケミカルとのコラボで生まれたアルコール度30%の凝縮酒をグラッパ感覚で!!30度ですが、アルコールがキツイという感じではなく、でもなんだか後をひく、はじめての感覚がインパクトのある1杯でした!

三菱ケミカル株式会社が開発した、ゼオライト膜を使い水分のみを抜き取り、旨味と香りとアルコール分を凝縮した今までにないお酒。今年、世界的に権威のあるデザインアウォード、iF DESIGN AWARD 2018パッケージ部門で入賞/清水清三郎商店

 

三重美酒女子会限定の特別酒、入手困難酒、サプライズのお酒など最終的には全10種類が登場。「美味し国 三重」の食材と日本酒を都会の女性たちがたっぷり満喫した一夜となりました♪

3酒蔵の女将と三重テラススタッフのみなさんと私。

 

いいな~参加したかったなぁ・・・と思ったあなた!!報告レポートだけでは終わりませんよ!

むしろここからが本題です!

引き続き、清水清三郎商店、大田酒造、若戎酒造3蔵のお酒と、三重食材を使った料理が楽しめる「三重美酒フェア」の開催決定しました!男性もOK!です。


【三重美酒フェア】期間:7月8日~31日

・清水清三郎商店「作 奏乃智」

・大田酒造「特別純米 辛口貯蔵酒 半蔵 金魚ラベル」

・若戎酒造「純米吟醸 義左衛門 BLACK」

こちらの3種類のお酒の特別販売&メニュー入りが決定!期間中は三重テラスショップで購入できるほか、レストランで飲むことができます。また、お酒に合わせた特別コースも登場!

いずれも東京では入手困難なお酒たちです。ぜひこの機会に「三重テラス」で三重の日本酒をゲットしてくださいネ!


 

さらに!!

三重美酒女子会ディナーの最後に登場した伊賀・桔梗屋織居の吟醸ブラウニー(半蔵酒粕、義左衛門酒粕使用2種類)の三重テラス限定販売が決定!酒粕のコクとチョコレートの深みがマッチした大人のデザートも要チェックですよ。

◆三重テラス http://www.mieterrace.jp/

◆清水清三郎商店 http://seizaburo.jp/

◆大田酒造 http://www.hanzo-sake.com/

◆若戎酒造 http://www.wakaebis.co.jp/

ライター kanzaki

kanzaki chiharu。OTONAMIE公式記者。伊賀市在住のフリーライター。出身地、広島のタウン誌→東京の編集プロダクション→フリーランスとして独立して早十数年。現在は伊賀に拠点を持ち、伊賀の情報誌の執筆をはじめ、企業広告コピー、イベント企画提案などを手掛ける。日本酒好きが高じて、「伊賀酒DE女子会」の企画運営をはじめ、日本酒関連の執筆、コーディネート、イベント運営も行う酔っぱライター。得意ジャンルは日本酒、伊賀情報。2016年「日本酒女子普及委員会」会長に就任。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で