ホーム 02【遊びに行く】 OTONAMIE PUSH!! EVENT【2018.6.14 update】

OTONAMIE PUSH!! EVENT【2018.6.14 update】

シェア

広報担当のともーこです!
OTONAMIE編集部に寄せられた、OTONAMIEがPUSH!! しているイベント情報です。

※各イベントへのお問い合わせは、各イベントのお問い合わせ先にお願いします。
※イベントの詳細はフライヤーまたは、各HP、主催者にご確認ください

 

三重県総合博物館(MieMu)
第19回企画展「知ってる貝!見てみる貝!貝のヒミツ」

ジャンル:展覧会
日程:2018年4月14日(土)~2018年6月17日(日)
※休館日:毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
時間:9:00から17:00まで(土日祝は19:00まで)
場所:三重県総合博物館(MieMu)
費用:一般:800円・学生:480円・高校生以下無料
主催者:主催:三重県総合博物館/後援:三重県博物館協会/協力:船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」
お問い合わせ先:三重県総合博物館(MieMu)059-228-2283 MieMu@pref.mie.jp
メッセージ: 三重県総合博物館(MieMu)では、平成30年4月14日(土)から、第19回企画展「知ってる貝!見てみる貝!貝のヒミツ」を開催しています。今回の展示では、くらしの中にある貝にスポットをあて、貝の多様性、利用する人々の知恵、貝のすがたや生態などに関わる展示を行い、思わずだれかに話したくなる貝の世界を紹介します。
また、期間中は貝を使った工作体験やワークショップなどを実施します。ぜひご家族やお友達とお越しください。
イベントに関するHPやFacebookなどのリンク先:http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/m0062500127.htm

 

三重県野外体験保育指導者養成講座

  

【日程・場所・内容】
(1)6月21日(木)10:00-14:30 場所:津市合同ビル2階
「野外体験保育に取り組もう〜野外保育の特性〜」
(2)9月13日(木)9:30-15:00 場所:大台町新田「子ども王国」
「野外体験保育の実践1〜園児が山にやってくる!〜」
(3)10月9日(火)9:30-15:00 場所:鳥羽市安楽島「安楽島海岸」
「野外体験保育の実践2〜園児が海にやってくる!〜」
(4)11月18日(日)9:30-15:00 場所:大台町新田「子ども王国」
「野外体験保育の実践3〜親子で森遊び&野外クッキング〜」
(5)12月8日(土)9:30-16:00 場所:菰野町または津市
「冒険体験と野性性からリスク回避を学ぶ」
(6)12月20日(木)10:00-15:00 場所:大台町または津市
「野外体験保育の計画をつくろう!」
【講師】(1)森の風ようちえん代表 嘉成頼子氏
(2)(3)(4)(6)大杉谷自然学校職員(NEAL指導者)
(5)くりこま高原自然学校代表理事 佐々木豊志氏(NEAL指導者)
【対象】三重県内の野外体験が実施できる施設の職員の職員、または18歳以上の自然体験活動や野外体験保育に関心がある方
【定員】(1)〜(4)、(6)各20名 、(5)定員無し(公開講座)
※原則全講座受講(単回参加希望の方はお問合せください)
【参加費】(2)(3)(6)100円(保険代)、(4)500円(保険代、昼食材料費)(1)(5)無料
【申込方法】電話(受付は平日/10:00-17:00)・ FAX・メールにて受付。
※受付時必要情報:プログラム名(もしくは開催日程)名前・ふりがな・性別・年齢・〒・ご住所
【詳細】詳細はお申込み後に郵送いたします
主催:三重県 子ども・福祉部 少子化対策室
企画・実施・NPO法人大杉谷自然学校
【お申込み・問合せ】NPO法人大杉谷自然学校
TEL:0598-78-8888 FAX:0598-78-8889
E-mail: info@osugidani.jp URL: http://osugidani.jp/
〒519 -2633 三重県多気郡大台町久豆199
三重県子ども・福祉部少子化対策室HP>>
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0323600010.htm
イベントに関するHPやFacebookなどのリンク先:http://osugidani.jp/pdfs/201806yagaitaiken.pdf

 

第1回『ようこそ先輩!教えて僕たちに』 〜RENEWを通じてこもガクを学ぶ〜

  

ジャンル:トークイベント
日程:2018年6月29日(金)
時間:第1部 18:00〜19:00 「新山氏講演会」
第2部 19:05〜19:45 「新山氏を囲んで質問&交流会」
第3部 20:00〜21:30 「懇親会」
場所:希望荘 (三重県三重郡菰野町千種7094)
費用:参加費無料 ※第3部懇親会のみ3500円別途徴収致します (予約制・当日精算)
主催者:こもガク祭実行委員会 中川政七商店
お問い合わせ先:菰野町商工会 059ー393ー1050 komono.syoko@gmail.com
【申し込み】https://goo.gl/forms/hlMtQqSA5Eg6T3Et1
メッセージ:\TSUGI新山直広氏を迎えたトークイベントの開催が決定!/
2018年10月に三重県菰野町で開催する「こもガク×大日本市菰野博覧会」に向けた
トークイベントが決定しました。

福井県鯖江市河和田地区にて開催される、オープンファクトリーイベント「RENEW」は、
2017年の「大日本市鯖江博覧会」との共催では4万2千人の来場者を集めました。

今回はRENEWの発起人である、TSUGI新山直広氏を菰野町にお迎えし、
RENEWの起ち上げに至る経緯や、未来に向けた町づくりについてお話頂き、
「こもガク×大日本市菰野博覧会」に向けての、学びと盛り上がりを作ります。
【申込み方法】下記のお申込みフォームよりお申込みください。
https://goo.gl/forms/hlMtQqSA5Eg6T3Et1

〔新山氏プロフィール〕
新山直広/TSUGI代表。デザインディレクター
1985年大阪府生まれ。京都精華大学デザイン学科建築分野卒業。2009年福井県鯖江市に移住。鯖江市役所在職中に移住者たちとTSUGIを結成し、2015年に法人化。グラフィックデザインをベースに、地域のブランディングを手掛ける。“支える・作る・売る” を軸に、アクセサリーブランド「Sur」の企画製造、福井の物産ショップ「SAVA!STORE」、体験型マーケット「RENEW」の運営など、領域を横断しながら創造的な産地づくりを行っている。
イベントに関するHPやFacebookなどのリンク先:【HP】komogaku.jp
【FB】https://www.facebook.com/こもガク祭-134378270460097/

 

作×半蔵×義左衛門×三重テラスのコラボレーション☆三重美酒女子会☆

ジャンル:日本酒の会、女子会
日程:2018年7月7日(土)
時間:18:00~21:00
場所:三重テラス(東京都中央区日本橋室町2-4-1 浮世小路千疋屋ビル「YUITO ANNEX」1F)
費用:参加費¥10,000(税込)
主催者:三重テラス
お問い合わせ先:三重テラス・レストラン ℡:050-5872-3770
【予約】https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13160479/
メッセージ:★5月18日予約受付スタート!★
7月7日七夕に、三重を代表する銘酒3蔵
作・半蔵・義左衛門×三重テラスのコラボレーション、「三重美酒女子会」を開催いたします!
三重県の旬の食材と三重美酒の特別ペアリングディナーを蔵元女将とともに楽しむ女子会です。
この日だけの特別酒、普段は飲めないレアな日本酒をご用意しております。
シェフ特製ディナーコース全6皿、日本酒全9種のマリアージュをお楽しみいただけます。
夢のようなひとときを三重テラスレストランにてお過ごしください!
<参加蔵元>
・清水清三郎商店 株式会社(鈴鹿市)
・株式会社 大田酒造(伊賀市)
・若戎酒造 株式会社(伊賀市)
<予約>
5月18日(金) 11:00~
【ご予約・詳細はこちら】
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13160479/
※事前予約制、定員は先着30名様となっております。
※参加費は銀行振込(前払い)となっており、入金後のキャンセルはいたしかねます。
あらかじめご了承ください。
イベントに関するHPやFacebookなどのリンク先:http://mieterrace.jp/info/20180514/

皆様からもイベント情報を募集しています!

お寄せいただいたすべてのイベントを掲載できる訳ではありませんが、OTONAMIEの読者の皆様が楽しめそうなイベント情報を、編集部がピックアップして掲載いたします。
お気軽に下記メールフォームからイベント情報をお寄せください。

▼添付画像(イメージ写真やフライヤーなど)を3点まで送信できます▼
1つの画像の容量は2.5MBが上限です。
画像データの形式はgif、png、jpg、jpeg、pdfに対応しています。

ともーこ

ともーこ。OTONAMIE広報担当。福井県で生まれのんびりおっとり育ち、社会人となり大阪へ。「オチのない話、したらあかんで」というなにわの洗礼を受け、“面白くてなんぼ”という関西のしきたりを学ぶ。
“面白そうだからやってみる!”というノリを大切に突き進んでいます。
この記者が登場する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で