ホーム 02【遊びに行く】 日本酒に浸りたい。伊勢志摩SAKEサミット2018

日本酒に浸りたい。伊勢志摩SAKEサミット2018

シェア

ガンマの値がきびしくて 禁酒してたのですが、主治医に

『あなたのは、数値の原因は脂肪肝です。痩せてください』と言われて、二重の意味で落ち込んでるぽたけです。

去年は お客さんで楽しんだSAKEサミット。今年はスタッフとして 潜入してきました。

スタッフの着てたSAKEサミットのオリジナルTシャツがカッコよくて着たかったというのもあるんですが(笑)

今年もカッコいいデザインです。参加酒蔵がズラリと。エ◯ァンゲリオンを彷彿とさせるデザインですね。

スタッフにならなくても、販売してました。去年も今年も あっという間に完売。

今年のSAKEサミットは、マル秘 酒蔵も出店との事なので すごく楽しみでした。

開場10時30分、近鉄の到着に合わせて続々とお客さんがやってきます。

皆さん 慣れたもので両手が空くようにリュックや肩かけカバンです。

チケットと引換の今年のお猪口のカラーは赤色。お酒のイベントは お猪口をコレクションするのも楽しいですね。うちの食器棚にもズラリと並んでいます。

今年は、23酒蔵70銘柄。さすがに全制覇したら倒れちゃいます(笑)フードブースも23店舗。

受付近くでは…

幻の南伊勢ガキ!

プリプリの身を頬張れば 潮の香りと風味が!!

うなぎ屋さんも!鰻巻きが美味しそうで、羨ましかった。食べたかった。

こちらは若戎。黒地にも金色のロゴがカッコいい。オリジナルTシャツを着ている酒蔵スタッフの方が多くて、それをチェックするだけでも楽しい。そして、カッコいいのは欲しくなっちゃいますね。

こちらは、『作』の清水清三郎商店。平成29酒造年度全国新酒鑑評会で5年連続11回目の金賞とのこと。お客さんも続々とブースに詰めかけていました。

そして、そして、マル秘酒蔵は

ビッビーールーーー!?

なぜなら 三重の清酒酵母『MK-3』を使ったクラフトビールが登場。スタッフで飲めないので味のことが書けないのが残念ですが、飲んでるお客さんの表情を見たら美味しいのは、よーーーく分かりました。

そして、常に行列が出来きてました。

半蔵の太田酒造も大行列!!

通路のゴミ拾いなぞしながら、日本酒の香りだけ楽しんでました。

農民なので、やっぱり気になるのは『神の穂』の酒。皇学館大と明和町産学官連携日本酒プロジェクト 神都の祈り。

三重の伊賀農業研究室で産まれた酒米…神の穂のお酒が沢山 あって、それだけで胸熱になってしまいます。

三重県の酒米、三重県の水、三重県の酒蔵、オール三重の酒!!

有名なあの方も来てました。伊勢うどん大使。伊勢うどん缶バッジ貰っちゃってテンション上がりまくりでした。

みなさん、本当に上手に楽しくお酒を楽しまれる方が多くて、大盛り上がりです。

撮影用のこんな楽しい撮影グッズも用意されてました。

お客さんも楽しかったけど、スタッフでみんなが楽しくなれるお手伝いするのも良いなぁ。

翌日は 出店者の方々でしんまち商店街のお掃除をされたそうです。

来年もSAKEサミットあったら 絶対 参加するぞーー!

ぽたけ

平成18年生まれの長女を筆頭に3人の子供達を抱えながら、リケジョから農女になりました。美味しくて、楽しいことが大好きです。得意ジャンル:グルメ、農業、自然

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア