ホーム 01【食べに行く】 城下町神戸の街で、チーズ職人が作るピザ屋を発見!@鈴鹿

城下町神戸の街で、チーズ職人が作るピザ屋を発見!@鈴鹿

シェア

鈴鹿市の神戸といえば、織田信長の3男のお城があった街として有名で、
現在は石垣だけが当時の面影として残っていますが、
神戸城跡は神戸公園として地域の人の散歩コースとして、
憩いの場所として地域の人々が集う場所となっています。

現在はこのように石垣のみが当時の面影を残していますが、
季節に合わせてお花が咲くので子供からシニアの方々まで、
スケッチブックを片手に訪れて楽しんでいます。

そんな神戸の街に昨年本格ピザのお店
『Motive Pizzaeria E Caseificio 』がオープンしました。

チーズ職人が作る本格ピザと話題になり、ランチタイムにはグルメな女性たちで、
夜はカップルから家族まで多くの人で賑わっています。

チーズ職人が作るこだわりのピッツァ

なんと言っても気になるのがチーズ職人がこだわり抜いたピッツァの数々!
フランスで修行してきたチーズ職人が作る鈴鹿産ナチュラルチーズと、
三重県産小麦を使用した48時間の低温発酵させた生地で作る
こだわりのピッツァをナポリから取り寄せたピザ釜がお店の1番のこだわり。

そもそもフランスで修行までしたのに何故地元鈴鹿市に戻って来たのか?
気になったのでオーナーでもあるピザ職人の久保田さんに聞いてみました。

「ナチュラルチーズは種類が多く、味わいも香りも様々で、
熟成期間によっても更に違ってくるのが面白くて、この道に入りました。
そして厳しい環境にある地方の酪農を、
チーズを作ることで元気にしたいから地元鈴鹿に帰ってきました。
鈴鹿にも身近にナチュラルチーズが食べれるようにしたい。」という想いを聞かせてくれました。

そして「白カビチーズやハードタイプのラクレットチーズなどを作りたい、
子供向けにチーズ&ピザ教室もやってみたい。」という素敵な夢まで聞くことが出来ました。

ところでお店の名前の由来や意味は、
英語でいうモチベーション、motiveはフランス語です。
いつも意欲的に進んでいこうという意味でつけたらしいです。

そんな久保田さんのオススメは、こだわりのマルゲリータ、
又は自家製ブラータチーズのピッツァ。
夜は4名様以上で生パスタやお肉料理もついたパーティーメニュー。
(リコメンドプラン お一人様2800円税込み)

私的には友達と色々なピッツァをシェアするのもおススメです♪


神戸公園(神戸城跡)
鈴鹿市神戸5-10

Motive Pizzaeria E Caseificio
〒 513-0801
三重県鈴鹿市神戸9丁目5-20
[ TEL ] 059-318-4831
OPEN 火曜日〜土曜日
Lunch 11:00〜15:00 (L.O 14:00)
Dinner 17:30〜21:30 (L.O 21:00)
CLOSE 日曜日&月曜日

http://mo-ti-ve.com/

岡田聖子

岡田聖子。Otona Muster 兼 記者。NPO法人shining理事長、ママそらみえ支部代表、介護支援専門員、心理カウンセラー、ゆめのたね放送局パーソナリティ。得意ジャンルはグルメ、お出かけ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で