ホーム 01【食べに行く】 01ランチ・スイーツ・カフェ・パン・女子会 【東京で見付けた三重】銀座のビジネスマンが初伊勢うどん。この優しさ伝わる??

【東京で見付けた三重】銀座のビジネスマンが初伊勢うどん。この優しさ伝わる??

シェア

”ビジネスマーン ビジネスマーン
ジャパニーズ ビジネスマーン”

懐かしい栄養ドリンクのCMソングを、
口ずさみたくなるビジネス街 東京・銀座。

鳥居がありました。

伊勢うどんがありました。

三重が色々ありました。

 

伊勢うどんってどんなもの??

そんな質問をしてきた友人は、
ネイビーのスーツをビシッと纏った、
THE 銀座のビジネスマン

柔らかくて平和なおうどんだよ
という私の答えに、
全く腑に落ちていない様子。

それ以上ムダな質問をすることもなく、
小伊勢うどんを注文する友人。

出てきた伊勢うどんを見て、
まず汁気がないこととに驚いたようだ。

かまぼこは伊勢の中西蒲鉾店

尾鷲ヒノキの升に入った天かすをパラパラし、

友人:『いただきます』

さて、初伊勢うどんの感想は・・・。

友人:『おー、ふーん、うんうん、新しい食べ物って感じだね』

―—優しさ、感じる?

友人:『優しさ?いや、それはよくわからないけど素朴だね。思ったよりもタレにコクがあって味噌かと思ったよ』

―—どんな時に食べたい??

友人:『基本元気で、ちょっと弱ってる時かな』

三重県伊勢で400年以上前から愛されてきた伊勢うどん。

この柔らかさは、
お伊勢参りの旅人のを気遣ったという説を話したら、
とても納得していた。

 

三重の食材に魅了されたオーナーみっしぇるさん

ここは銀座六丁目にある
ISE-UDON BAR 伊勢物語

三重県の食材を多数扱っているが、
オーナーさんが三重出身というわけではない。

『ある店で伊勢うどんを初めて食べた時、その美味しさにすっかりはまってしまったの』

みなみ製麺を手に話してくれたのは、
オーナーのみっしぇるさん。

関東では中々出会えない伊勢うどんだが、
みっしぇるさんは、
三重出身のママがいる東京・浅草の食堂でたまたま食し、
その美味しさに衝撃を受けたという。

うどんといえばコシ!!
というのが世の主流となっている中、
ふわっと柔らかな伊勢うどんは、
幼少期の想い出を蘇らせたそう。

みっしぇるさん:『風邪引いた時とかに作ってもらうおうどんて、柔らかくて優しいでしょ』

すぐに有楽町で23年やっている、
まんぷく食堂という居酒屋で提供するため、
みなみ製麺さんから取り寄せをした。

はじめ、店のスタッフたちは、
柔らかいうどんに対して後ろ向きだったが、
たまたまコラムニストであり伊勢うどん大使の、
石原壮一郎さんの記事を見付けスタッフに紹介。

ふわっと優しく、
平和的な伊勢うどんは、
やわらかさを通じて大人の何たるかを教えてくれている!
と解く石原氏の伊勢うどんへの愛に触れ、
スタッフ皆の感覚が変わったという。

また記事の切り抜きを店に張り出した直後に、
石原氏本人が来店したという驚きの展開もあったそう。

伊勢物語オープン後に出来た三重県出身のお客様つどいのノート。1ページ目に石原さんのサイン!

その後、まんぷく食堂では、
伊勢うどん始めとする、
三重食材の取り扱いを増やしていったが、
なぜ三重??と聞かれることも多かった。

そこでわかりやすく、
伊勢を出した名前で新たに銀座にオープンしたのが、
こちらのISE-UDON BAR 伊勢物語とのこと。

伊勢金魚をイメージした襖

―—銀座の方々に伊勢うどんの評判はいかがですか?

みっしぇるさん:『賛否あるものの、ランチや飲んだ後に食べたいなど、ビジネスマンのファンは多いですよ』

 

尾鷲ヒノキの升に入った松阪牛すき焼めし

伊勢うどんも好評だが、
ランチの人気メニューは、
松阪牛のすき焼きめし

柔らかな松阪牛に、
卵を絡めていただきます。

卵は別注

友人:『尾鷲ヒノキのほんのりとした香りがまたイイね』

土地柄、外国人客も多いため、
このヒノキの升はとても喜ばれるのだそう。

他にも期間限定で登場する
松阪牛の100%ミンチのハンバーガーも人気。

時季によっては、伊勢まぐろやサメタレなども登場

昼間からお酒が飲めるので、
ビール片手にビジネスランチをされている方々もちらほら。

熊野のみかんを使ったカクテルも

あの栄養ドリンクのキャッチフレーズ、
”ジャパニーズビジネスマン、24時間戦えますか?”
は今の時代にはそぐわないが、
伊勢うどんから優しさを、
松阪牛から英気を養って、
午後からの仕事にも気合が入る…はず!!

 


ISE-UDON BAR 伊勢物語
住所:東京都中央区銀座6-3-7 AOKI TOWER 1F
電話:03-6264-5721

 

福田ミキ

フクダミキ。OTONAMIE副代表。OTONA MASTER。
仕事は東京の企業の社長秘書兼オフィスワークセンター長。数年前から社会人学生でもある。2014年に夫の都合で東京から三重県桑名市にお引越し。涙したのも束の間、新境地に疼く好奇心。外から来たからこそ感じるその土地の魅力にはまる。この記者が登場する記事
※くわブロにて情報更新中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で