ホーム 02【遊びに行く】 no udo 暮らしの中にある美しさ

no udo 暮らしの中にある美しさ

シェア

 

最近よく思う。
「農道っていいな」と。

ビシッとならんでいる米の苗。
みどりと空のコントラスト。
私は農家ではないし、田んぼも持っていない。
ただ、農道から見える景色が好きだ。

こういうトタン小屋の醸し出す、愛嬌のある美しさ。

古い納屋や蔵が、農地に馴染んでいる景観も好きだ。

まっすぐと伸びた農道の先には、連なる山々。

小川の上を走る農道は、ぽっこりした坂。

ところで、田舎のおばちゃんなどと話していると・・、

のうどう、ではなく、のどうと、イントネーションがちょっと違う場合がある。
※赤字がアクセント

農道は田舎道。

つまりカントリーロード。

そこで、ちょっとかっこよく表記し、外国人風に発音してみよう。

no udo.(発音:ノゥドゥー)

どうでしょう!?
え、どうでもいいだって・・。
失礼しました。

雲の間から差し込む光と、農道(no udo)。

お地蔵さんの赤、自然の緑、空の青。

視線を下げれば、ニコちゃんマークのようなマンホール。

農道からみる夕焼けも、きれいです。

これを書いているのはGW前。
キラキラと輝く、水を張った田んぼの水面。

お腹が減った部活の帰り道。
自転車で農道を走った、そんな懐かしい昔を思い出した。
農道がある風景は、時が経っても変わらない。

no udo.

何気ない日々の暮らしの中に、美しい何かがあるような気がする。

 

 

 

 

yusuke.murayama

村山祐介。OTONAMIE代表。OTONA MASTER。
ソンサンと呼ばれていますが、実は外国人ではありません。仕事はグラフィックデザインやライター。趣味は散歩と自転車。昔South★Hillという全く売れないバンドをしていた。この記者が登場する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア