ホーム 01【食べに行く】 【大阪で見付けた三重】たこやきとワインのマリアーーージュ!!

【大阪で見付けた三重】たこやきとワインのマリアーーージュ!!

シェア

大阪に行ったら、
やっぱりたこ焼き食べたくなるよね。

そしてせっかくなら、
大阪でしか食べられないお店に行きたい。

でもたこ焼きってさ、
どこで食べてもある程度美味しいから、
なんだこりゃぁ!!
みたいな驚きの美味しさは、逆になかったりするよね。



逆にありました。

この塩チーズたこやきに、
なんだこりゃぁ!!って驚きました。

2種のチーズとゲランドの塩がトッピングされてる

淡くとろけるチーズのコクと、
お出汁の効いた生地、
柔らかくぷりぷりの蛸。

なんていうか、
洗練されていて、お上品。

 

ちょっと変わったたこ焼き屋さん

ここは大阪中央区。

古い町並みが残っている空堀商店街の
路地裏あたりで見付けたのは、
たこ焼き屋『たこりき

クルクルと美しいたこやきが焼かれている店先。

中は、バル調のお洒落な空間。

席はカウンターのみ

 

ワインとたこ焼きのマリアージュ

早速、たこやきの素焼きとソースマヨをお願いした。

たこりきのたこ焼きは無化調。

良質な昆布と鰹節で丁寧にとった出汁
じゅわりと効いた優しいお味だ。
大阪島之内フジマル醸造所のワイン等も扱っており、
ワインとたこ焼きのマリアージュを、
存分に楽しめるのがたこりきスタイル。

小ぶりで真ん丸なたこ焼きを口に入れ、
スパークリングワインをキュッとひとくち。

香り高い出汁とタコの風味を、
スパークリングの酸味が絶妙に惹き立ててくれる。

たこ焼きは冷めると、
出汁の旨みを一層感じられる味に変化し、
また違うワインを合わせたくなる。

ぽいぽい止まらない美味しさに、
”唐揚げ&ビール”を越えたんじゃないか説が浮上したほど。

 

こだわりの素材。そして伊勢海老を食べるタコ

美味しさの秘訣は、
素材への強いこだわり。

まずカリっとトロっとな生地は、
厳選した個性の違う国産小麦粉をブレンドしたもの。

かつお節は、
いつも削りたてを、
かつお節屋に配達してもらっている。

昆布は、
天然真昆布のみを使用。
昆布屋は地元空堀商店街にあって
漫画「美味しんぼ」にも登場する老舗なのだそう。

天かすも地元の天ぷら屋のもので、
地域との関係も大切にされている。

味付けに使う調味料は、
シンプルに塩と味醂だけ。
塩は仏ブルターニュ地方「ゲランド」産のあら塩、
味醂は岐阜の本味醂。

葱や卵や紅生姜も、
信頼ある専門店から仕入れているとのこと。

そしてタコは、
三重県鳥羽市の離島・答志島の生タコを、
お店で茹でて使っている。

ご主人に伺うと、
今まで色々なタコを試した末、
臭みがなく、
ぷりぷり食感と旨みたっぷりな答志島のタコに出会い、
これだ!!と思われたのだそう。

茹でる前にタコ写真を見せて下さった

答志島の海域は、
森の栄養を豊富に含む、
木曽三川や宮川の淡水が交わる汽水域。

水が良い為プランクトンや海藻が多く、
それを求めて魚が集まるという食物連鎖が活発。

この環境を活かし、
答志島桃取地区で生産されている
ブランド牡蠣 “桃こまち”は
熱を入れても縮まらないと有名だが、
タコにも同じことが言えるそう。

また伊勢海老やアワビも生息しており、
なんとタコらでも
伊勢海老やアワビを食べているものもあるとか。

タコのくせに…!!
タコのくせに…!!

栄養じゅるじゅるのタコ。

悔しいけど、
どうりで美味しいはずだ!!

 

イイ味出してるたこりき君

たこりきのご主人は、
22年前にワインとお好み焼きの店を始め、
8年前にワインとたこ焼きの店を始めた。

”出汁を味わってほしい”という想いがあったのだそう。

長友啓典氏(アートディレクター)も常連客で、
たこりきのロゴデザインは長友氏が手掛けたものである。

メディアで紹介されることも多いたこりき

またお出汁同様にイイ味を出しているのが、
名物キャラクターのたこりき君

ちょっとシャイな文学青年で、
趣味は映画観賞とのこと。

テイクアウト用容器

たこ焼き以外にも
昼間からビストロのように
お酒に合う料理やおつまみを提供しているたこりき。

ご主人お手製のスイーツも絶品で、
特に数量限定の大人のからほりぷりんなんて
ラム酒が効いていてオトナがとろけます。

う~ん、もう今日はホリディにしよう!!
昼からご機嫌になること間違いなし!!

 

おもしろさ底なし!というからほりらへん

たこりきに来たら、
空堀商店街周辺もぶらぶらしよう。

空堀商店街は、
かつて大阪城の三の丸外堀だった場所にあり、
大阪市中央区・松屋町筋から上町筋をつなぐ、
東西約800mにわたる商店街。

築100年以上の建物も多く、
老舗の専門店や飲食店など、
歴史のある街並みが残っていながらも、
コワーキングスペースや、
お洒落な雑貨屋やカフェなどもあり、
ご年配の方から若者まで楽しめるランナップ。

今や「はいからほり」という、
ユニークなキャッチフレーズまであるのだそう。

早速、40円の蟹クリームコロッケの誘惑に負けた

どんな土地でも、
地域に根ざしたお店を巡るのは刺激的だ。

 


たこりき
住所:大阪府大阪市中央区瓦屋町1-6-1
電話:06-6191-8501

空堀商店街
住所:大阪府大阪市中央区谷町中手上本町

福田ミキ

フクダミキ。OTONAMIE副代表。OTONA MASTER。
仕事は東京の企業の社長秘書兼オフィスワークセンター長。数年前から社会人学生でもある。2014年に夫の都合で東京から三重県桑名市にお引越し。涙したのも束の間、新境地に疼く好奇心。外から来たからこそ感じるその土地の魅力にはまる。この記者が登場する記事
※くわブロにて情報更新中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で