ホーム 02【遊びに行く】 02イベントレポート 忍者とポテトチップス

忍者とポテトチップス

シェア

みなさん、去年、カルビーから発売されたご当地ポテトチップス 三重は忍者味 食べましたか?

あの忍者味のポテトチップスが三重県庁でプレスリリースされていた同じ日に忍者でポテトチップスと丸かぶりで、ぽたけ、@東京プリンスホテルで奮闘していました。

WAW!2017 イヴァンカ トランプさんが来日してた会議です。

三重県の美味しい加工品を世界の方に食べていただきたい!ということで、WAW会議のレセプションパーティーに三重県鈴鹿産ぽたけジャガイモを伊賀の百姓工房さんで加工した『ぽたち』というポテトチップスを担いで登壇してきました。

この会議のレセプションパーティーで三重県産の農産物の加工品を試食で食べてもらい、更に農福連携の取組を知ってもらいたい!

海外からのお客様が多いので紹介パネルも日本語と英語で。

テレビで見たことあるー!と、いう方が何名もみえて、ミーハー心が高まりましたが、三重県の恥にならないように興奮する心を抑えておりました。

伊賀観光協会さまのご協力もあり、三重県といえば忍者!ポテトチップスの加工を伊賀でしてもらってるしというやや強引なこじつけで 忍者衣装を貸していただきました。

この衣装ですが、伊賀へ行くと有料レンタル可能で、忍者になりきって散策とかできちゃいます。

海外の方に『Ninjya』大人気でした。何枚、写真を撮られたか分かりません(笑)

三重県、地味な県だなぁ。。。と、三重県民のくせに思ってたのですが、今回 こういう大きな舞台に立って、三重県は『鈴鹿サーキット』『忍者』『伊勢神宮』『松阪牛』と世界に誇れるものが沢山ある!と、再確認できました。

カラフルな果肉を持つジャガイモでつくるポテトチップスはもちろん果肉の色そのまま天然色!!

ジャガイモ、なたね油、粗塩だけで作られています。

海外の方にも 大人気でした。

ポテトチップスって、食べると少し罪悪感があるんですが、この原材料だと気持ち罪悪感が軽くなります(笑)

『ぽたち』は新じゃがの時期に数量限定でしか作れないのですが、国産ジャガイモで作ったカラフルなこのポテトチップス、伊賀の百姓工房さんからも発売されています。

百姓工房さん、三重の美味しいもので加工品を沢山 つくってみえます。

米粉のかりんとう、日にちが経っても美味しい米粉のパンなどなど。

ぜひぜひ、百姓工房 伊賀の大地。

足を運んでもらって、三重県の恵の美味しい商品 ゲットしてください。

百姓工房伊賀の大地

住所 〒519-1711

三重県伊賀市島ヶ原15085-1

TEL0595-59-3711

FAX0595-59-3711

ホームページhttp://sanchoku55.com/mie/sanchoku/87/

こちらは伊賀観光協会の百姓工房さんの紹介ページです。

http://www.igaueno.net/?kaiin=1449

ぽたけ

平成18年生まれの長女を筆頭に3人の子供達を抱えながら、リケジョから農女になりました。美味しくて、楽しいことが大好きです。得意ジャンル:グルメ、農業、自然

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で