ホーム 01【食べに行く】 「ぱんじゅう」の、どの中身が好きですか?三ツ橋ぱんじゅう

「ぱんじゅう」の、どの中身が好きですか?三ツ橋ぱんじゅう

シェア

皆さんこんにちは!

「食」と言えば伊勢、伊勢と言えば「食」。
そんな食のまち、伊勢の魅力的なお店を
発掘!紹介!「食のまち伊勢研究会」の第3弾です。※第1弾はコチラ ※第2弾はコチラ

今回は伊勢市駅JR側より徒歩2分、伊勢神宮の近くにある
「三ツ橋ぱんじゅう」さんに行ってきました。

伊勢市民のなつかしの味“ぱんじゅう”。
ぱんじゅう…?
初めて聞いた時、いったい何なのか、津市出身の私はわかりませんでした。

ぱんじゅうは、今川焼き(大判焼き、回転焼き、おやき)から派生した焼き菓子、郷土菓子。三重県伊勢市・北海道小樽市・栃木県足利市の銘菓、土産菓子として全国的に認知される。名称の由来は、まんじゅうは蒸すがパンのように焼いたまんじゅうという事で『ぱんじゅう』と言われたという説と、パンと饅頭を合わせたものによるという説がある。

引用:wikipediaより

なるほど、
パン+まんじゅう=ぱんじゅう
なんですね。
たい焼きのような生地の中に餡子が入っているお菓子のようです。

三ツ橋ぱんじゅうさんの魅力はこの3つ!

①種類豊富な“ぱんじゅう”の中身
②優しさでできている
③伊勢神宮のすぐ近く

です!

▼種類豊富な“ぱんじゅう”の中身

あんこだけでなく、様々な味が楽しめる三ツ橋ぱんじゅうさん。見ているだけでワクワクしますね~♪
セットでは複数の味が食べ比べができ、どの味も美味しかったです。
私はとくにカスタードが、お気に入りです!

店主の三ツ橋さんは老若男女問わずぱんじゅうを美味しく食べて頂けるよう、
日々考案し続けていらっしゃいます。季節によって変わる商品なども楽しめます。

 

▼優しさでできている

三ツ橋ぱんじゅうさんではアレルギーのあるかた向けにアレルギー物質の表示もされています。
製菓開発関係のお仕事をされていた三ツ橋さんの経験が活かされています。

オーダーに合わせて、ひとつひとつ丁寧に焼き上げてくださいます。
ハチミツと黒糖の入った生地もフワフワで美味しいです。

 

▼伊勢神宮のすぐ近く
三ツ橋ぱんじゅうさんは伊勢市駅から伊勢神宮へ向かう道中にあります。

店内で焼きたても食べられます。
ぱんじゅうだけでなく、伊勢うどん、ソフトクリーム、ドリンクなども販売しています。

「伊勢神宮目当てで来たお客さんに、
是非ぱんじゅうを知って帰ってもらいたいですね」
と語る三ツ橋さん。

伊勢のぱんじゅうを全国に広めるべく、
三ツ橋さんは今後も焼き続けていくそうです!

伊勢によった際は、ぜひ「三ツ橋ぱんじゅう」へ!!

――――――――――――――――

三ツ橋ぱんじゅう
住所:〒516-0074 三重県伊勢市本町5−3
TEL: 0596-29-3284
営業時間: 10:00~18:00
定休日:水曜・第3木曜
HP :http://www.panjyu.com/
line@ 始められたそうです
エキテンもご覧ください

sakasaki

OTONAMIE公式記者。三重県津市在住。20代。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で