ホーム 01【食べに行く】 【東京で見付けた三重】恋を呼ぶ⁉カワイイの発信地に超特濃ソフトクリーム専門店『coisof』

【東京で見付けた三重】恋を呼ぶ⁉カワイイの発信地に超特濃ソフトクリーム専門店『coisof』

シェア

カワイイの聖地・原宿

多くの若者や観光客で賑わう東京原宿・竹下通り

最新ファッションやプチプラ雑貨、
アイドルショップ、クレープ屋から、
ファンシーな店まで建ち並ぶ、
日本の”カワイイ”文化の発信地。

流行と”カワイイ”に溢れたこの竹下通りに、
恋にきくかもしれないと言われている、
フォトジェニックなスイーツショップがある。

それが…
を呼ぶ!?
濃いソフトクリーム専門店「coisof(コイソフ)

モデル:史奈

運営しているのは、
食マーケティング専門企業の株式会社favy。

森永乳業と
超濃厚ごまアイス専門店「GOMAYA KUKI」を手がけるごまメーカー九鬼産業株式会社と共に開発したのが、良質なごまをたっぷりと使った世界一濃厚なごまソフトクリーム

<関連記事:追いごま油はぜひ試すべし!創業132年の老舗ごまメーカーが手掛ける世界一濃厚なごまアイス専門店『GOMAYA KUKI』

九鬼産業株式会社は、
三重県四日市市に本社を置き、
ごま食品を提供し続けている創業132年の“ごま”の総合メーカー。

胡麻の美味しさをもっと多くの人に知ってもらいたい!
という想いから、
ごまアイスやごまソフトクリームを
開発する流れとなったのだ。

出典:九鬼産業株式会社

更にcoisofでは、
香川県で400年以上前から
婚儀の引き出物として使われている
縁起の良い伝統お菓子「おいり」をトッピングし、
恋愛成就の願いを込めたという。

つまりcoisofのcoiには、
恋い濃いの2つの意味が込められている。

 

恋ソフトが本当に濃い!!

女子力が上がりそうなピンク基調の店内。

店員さんもピンクのTシャツ。

看板メニューは、
おいりがトッピングされた「恋ソフト

フレーバーは白ごま・黒ごま・ミックスの3種類。

今回は、白と黒の両方を味わえるミックスを注文。

通常、ソフトクリーム機の絞り口は星型だが、
coisofは丸型なので、
もふっとした印象のソフトクリーム。

黄金バランスでおいりをトッピングしてもらい、
恋ソフトのミックスが完成。

原宿らしいポップなビジュアル。

口に入れると、
ふぁ~っともういっぱいに広がる…胡麻!!

ミルキーで香ばしい白ごまと、
濃厚でリッチな黒ごまの絡み合いがお見事。

ソフトクリームなので、
GOMAYAKUKIよりも少しクリーミーな感じ。

サクッと溶けるおいりの儚さがまた絶妙なのだ。

食べた瞬間のリアクションで一番多いのは、
胡麻!!』と一言叫ぶパターンだそう。

(実際、私もそう言った)

 

フォトスポットで楽しもう!

店内にはフォトスポットが多数用意されている。

ハシュタグやロゴの入った壁、

おいりをイメージしたポップなブースなど。

恋ソフトはもちろんのこと、
女子たちが、可愛くポーズを撮って楽しんでいる光景にほっこり。

衣装やネイルも恋ソフトに合わせて
来店されるお客様もいるとのこと。

本当にみんな写真がお上手!!
coisofのインスタグラムはこちら

 

NYやLAでも話題のブラックスイーツ

ポップな恋ソフトと共に、
気になったソフトクリームがある。

それがこちらのゴスソフ
アイスもコーンも漆黒。

ゴスロリファッションで写真を撮るお客さんも多いそう

ゴシックでいかついゴスソフは、
黒ごま・ブラックココアパウダー・竹炭を使っており、
濃厚なごまの風味とブラックココアのビターさが、
大人な味わいを出している。

今、NYやLAでも真っ黒な「#blackicecream」が
話題になっているそうで、
ゴスソフもとても評判良いとのこと。

因みにこちらは
高確率でお歯黒状態になるので、
勝負デートの時にはご留意を!

 

見た目だけでない超特濃ソフトクリーム

老舗 九鬼産業が誇る良質なごまを使った、
超特濃なごまソフトクリームたち。

見た目だけではないその美味しさに、
きっと驚くはず。

(きっと「胡麻!!」と叫ぶはず)

coisofでは、
季節ごとに限定のソフトクリームも登場するので、
今後も要チェック。

 

ハロウィンバージョン。favyサイトより

 

Xmasバージョン。favyサイトより

果たして「恋」にきくかどうかは…ご報告お待ちしています!

 

モデル:史奈


coisof
住所:渋谷区神宮前1-8-24 OZ原宿ビル1F
TEL:070-1185-1309

(取材日2018年1月)

 

福田ミキ

フクダミキ。OTONAMIE副代表。OTONA MASTER。
仕事は東京の企業の社長秘書兼オフィスワークセンター長。数年前から社会人学生でもある。2014年に夫の都合で東京から三重県桑名市にお引越し。涙したのも束の間、新境地に疼く好奇心。外から来たからこそ感じるその土地の魅力にはまる。この記者が登場する記事
※くわブロにて情報更新中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で