ホーム 01【食べに行く】 キッチンカーから固定店舗へ。小さなお店で大きな夢を実現した珈琲豆販売店女主人の話。

キッチンカーから固定店舗へ。小さなお店で大きな夢を実現した珈琲豆販売店女主人の話。

シェア

松阪市五主町の閑静な住宅街にある、小さな小さな自家焙煎珈琲豆販売店 ON Y Va珈琲。

白い木の階段を上ると、鮮やかなブルーの扉。

店内は清潔感溢れる真っ白な壁に、木の温もりが感じられます。

オープンして今年の10月に2周年を迎えたばかり。

自分のお店を持つ事が夢という人が多い中、小さいながらも夢を実現させたON Y Va珈琲の店主

川口美和子さんに、固定店舗オープンまでの道のりを伺って来ました。

 

趣味は『珈琲!』喫茶店勤務時代

生まれ育った岐阜から、ご結婚を機に三重へ。

とある企業にお勤めされ、仕事にやりがいを感じていたが、心にゆとりを無くす程の激務、家庭との両立、自身の体調を考慮し離職の後、大好きなコーヒーに関わりたいとの想いで始めた喫茶店勤務。

接客が苦手な自分の、修行の一環でもあったそうです!

今の親切で丁寧な接客は、この時代に培われたようですね。

それよりも以前からすでに豆の焙煎は始めていて、コーヒーが好きで好きでたまらないコーヒーオタクに。

コーヒーの味が分からなくなるとの理由で、特に辛い物や甘い物は食べないよう気をつけ、少しずつ道具を揃えては、様々な豆で色々な抽出方法を試す日々。

特に焙煎にこだわり、いつか小さなお店で自家焙煎珈琲豆を販売したいと思うようになりました。

そんな中、2011年3月11日に発生した東日本大震災。

勤め先の喫茶店のテレビに映し出された、津波によって破壊された町。

恐ろしさと同時に見た、被災地へ支援に向かうキッチンカーの存在に胸を打たれたそうです。

車が飲食店になり、必要とされる所へ出向く!これなら私にも出来る!

その2年後には、自分のキッチンカーでの活動を開始。なんという行動力!!

 

On y va!cafeキッチンカー時代

この可愛いキッチンカーが、今のON Y Va珈琲の原点。

色はイメージカラーのブルーにして、内装や動線にもこだわり、知り合いも誰もいない未知の世界へ

自身で焙煎したコーヒーと夢を乗せて、三重県内、また、声がかかれば県外へも積極的に出店する日々が始まりました。

もともと じーっとしているのが嫌な性格。

自分から出向き、自分が焙煎したコーヒーを飲んで頂く事の喜びと、そこで出会ったお客さんや同じようにキッチンカーで活動している仲間との出会いは今も宝物。

キッチンカーでのコーヒー販売は川口さんの人生で、なくてはならない貴重な経験になった様ですね!

私も川口さんの存在を、このブルーの可愛いキッチンカーで知りました!

夏は暑くて、冬は寒い過酷なキッチンカー。

どんなに忙しない中でも、注文を受けてからゆっくりハンドドリップで淹れるコーヒーが大人気で、いつも行列のキッチンカーOn y va!cafe。

 

やっぱり自家焙煎豆を販売をしたい!ON Y Va珈琲へ進化

山あり谷あり(!)、イベントに引っ張りだこの2年間のキッチンカー時代。

イベント出店後帰宅して家事を済ませて、深夜まで次の日のコーヒー豆の焙煎をする。

目の回る程の忙しいイベント出店の帰り道、運転しながら何となく将来の事を考えた時、果たして

いつまでこうしてキッチンカーで飛び回れるのか?と体力、精神的にも不安が募り…

飲食店として、実店舗を持つ事の強みを痛い程目の当たりにして悔しい想いもした。

キッチンカーは大好きだけど、やっぱり小さくても自分のお店を持ちたい!

想いが募る日々。

今、そしてこれから!

2015年8月。大事に大事にしてきた、思い出がいっぱい詰まったブルーのキッチンカーを降り、

大工さんと一緒になって、釘を打ち、ペンキを塗り、カウンターを取り付け…出来上がった夢の実店舗。

気持ちが決まれば、もう振り返る事はしない潔さ!

そして、マイナスとも思えそうなこのお店の小ささが、川口さんとお客さんの距離を縮め、心を開かせて、とっても居心地の良いお店になってます。

いつも変わらずにそこにいてくれる川口さんに会いたくて、お店に足を運ばれるお客さんばかり。

私もその1人です

「この先、おばあちゃんになってもここで焙煎するから。」と川口さん。

そして、1人1人の好みに合ったコーヒーをキチンと提供してくれる安心感。

また、儚げで優しいイメージの中に、強いこだわりと妥協を許さない強さを秘めている、そんな川口さんの美味しい珈琲を飲んでみて頂きたい。

基本は自家焙煎珈琲豆の販売ですが、テイクアウト珈琲(¥350)の販売もされてます。

ぜひ、あなたも美味しい珈琲と店主の笑顔に癒されてみては。

 

[基本情報]

ON Y Va珈琲

住所:〒515-2102松阪市五主町1234-25

TEL:090-1410-3725

営業時間:10:00~16:00

定休日:日曜、火曜

myonmyon

大門商店街 レンタルスペースGOTSUBO管理人。
在日韓国人3世。ネイリスト。2児の母。色んな肩書きの中で日々奮闘中。大門活性化に貢献したい。得意ジャンル:津の町、大門、カフェ、スポーツ、美容、イベント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で