ホーム 02【遊びに行く】 長島は本当に長い島だ!一周28Kmラン

長島は本当に長い島だ!一周28Kmラン

シェア

10月には菰野かもしかマラソンがありマラソンシーズンがスタート。
ソロソロ練習で走らないとまずいな〜と思って気合を入れる為に、毎度この時期走るのが長島一周。

長島地図

コースは桑名市に合併した長島町の堤防を一周するルート。

県境

長いこと桑名に住み、また何度もこのルートを走っているのに気が付かなかったのが、
ハートピアより北側は桑名ではなく愛知県側になるのだと。
木曽三川公園が岐阜県だというのは知ってたので、
長島のBBQやドックランがある所は岐阜県かと思ってましたが、愛知だったんですね。
それも船頭平閘門からとは驚きでした。

■このコースのいい所は。
・28Kmと言うコースでですが、真っ平らで信号は1カ所のみ。
でも少し迂回すれば信号なしでまわりきれる。その場合30Kmコースになります。
・堤防沿いで道に迷う心配がない。
・ほぼ広いコースで、車の心配がなく安全に走れる。
・途中に有名施設(長島スパーランド・ジャズドリーム・なばなの里・長良川河口堰・橋)があるので途中目標点として走りやすい。
・南北に細長い島なので途中トラブルがあって戻りたい場合でも、
コースをショートカットして戻る事も可能。
・これだけ長い距離でもコンビニがないので休憩したいという誘惑がない。
・スタートゴールをニューハートピア温泉 にすると走り終わって温泉と食事が食べれるので最高。
以前は名四のオートレストランからのスタートゴールもやってましたが閉店したのでここだけに。

■よろしくない点。
・ただひたすら真っ直ぐの道、いつまでたっても景色が変わらないので精神的につらい。
・途中トイレが少ない。
・コンビニや自販機がないので給水が出来ない。
・川沿いの道なので風が吹くと寒く向かい風だと更に走るのがきつくなる。
・走っている人が少なく孤独である。

 

と言うことで今回もニューハートピア温泉出発でGo!

まずはここからすぐ近くに見える多度山とボートの停留所。
昔ここにいっぱいボートやヨットが置いてあったのに最近少なくなったのはなんでだろう?

船頭平閘門。陸続きなのにここはもう愛知県。そして長島の一番北の端っこ。

長島ドーム。
桑名にこんなしっかりした施設があるのにあまり使っているイベントを観たことないのが、
もったいない。

その昔ここでおにぎりを同時に巻くイベントでギネス記録を作った思い出の場所。

水辺の楽校「水郷の森」水辺の楽校「水郷の森」

以前まで造成中だった水辺の楽校「水郷の森」。
もう完成しているけど周りは雑草だらけで使う人がいるんだろうか?

長島運動公園。

1号線との交差点。ここではじめて信号を越える事に?

迂回ルート
いやいやすぐ左下に迂回ルートがあるんです。
そしてここにはにぎやかな住人が。

カニがわんさか。いつ来てもここにはカニがいますね。

尾張大橋通過〜。

名四国道
愛知側の名四国道通過。ここで10Kmで丁度1時間。

さらに同じ景色が真っ直ぐ続く。

 

伊勢湾岸自動車道の橋トゥインクル。

 

やっと来ました長島の南の端である長島スパーランドとアンパンマンミュージアム。
ここまで来ると後は戻るだけ。長島の西側折り返して走りま〜す。

 

ナガスパに隣接したジャズドリーム。
増床オープンで日本一のアウトレットに返り咲くようでまたしばらくは賑やかになりそう。
そしてその奥に見えるのはジャンボ海水プール。

 

このルートを走ると一番見かけるのが釣り人達。
この日は小雨降る中だし、台風接近というので少なかったです。

 

後半になってくるとだんだんつらくなる。多度山もまだまだ小さく遠いですね。

名四国道

桑名側の名四国道通過。

次なる有名スポットはなばなの里。
10月からイルミネーションがスタートするので既にベース部分のやぐらは組まれているようですね。外からもチラリと見えます。さて今年はどんなテーマでイルミネーションを楽しませてくれるのか。

なばなの里の富士山は雨だから動いてないようです。

そして長良川河口堰
 編集に戻る長良川河口堰 ダムカード
別の日にもらいに行った長良川河口堰のダムカード。桑名にある唯一のダム。
 編集に戻る長良川河口堰 魚道観察室
せっかくなので久しぶりに長良川河口堰 魚道観察室を見学。
無料の水族館。運が良ければ川を登る魚やカニを見れます。

シッポしか見えませんが大きな魚が泳いでますね。

魚道観察室

観察室内部

1号線を過ぎたぐらいからもう膝が痛くなり走る気力もなくなり歩いてばかり。

と言う事で安全に平らで長い距離を走りたい方は是非長島一周でトレーニングンは如何です?
修行コースとして精神的なトレーニングにもなるので

今回のコース
3Dコースはこちら
長島一周 

 

佐野康治
39歳までメタボ親父が運動に目覚めてトライアスロンにはまる。チーム「ランナーズ・ハイ」運営。運動で地域活性、いいとこ再発見でマラソンや自転車でウロウロ徘徊してます。
得意ジャンル:マラソン・トレラン・自転車・トライアスロン・観光・レジャー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で