ホーム 02【遊びに行く】 鉄人レース!アイアンマン70.3セントレア・ジャパン 2017

鉄人レース!アイアンマン70.3セントレア・ジャパン 2017

シェア

アイアンマン70.3セントレア・ジャパン

今年も行われました「アイアンマン70.3セントレア・ジャパン

世界中で150のアイアンマンレースが開催されていますが、
日本では唯一三重のお隣の愛知県のセントレアで開催。
三重県からの参加者も多いようです。

通常アイアンマンレースは長距離、長時間のレースで交通規制が大変な関係で
田舎で開催する場合が多いのですが、
空港を中心として、都会にも近い所で開催されるという珍しいレース。

※アイアンマン・ディスタンス スイム 3.8km  バイク180km ラン42.195kmとなりますが
その半分アイアンマン70.3はスイム1.9km  バイク90km  ラン21.0975kmです。
総距離約 113.1km (70.3マイル)
*制限時間スイム:1時間10分、バイク:5時間7分16秒、ラン:8時間

エントリー代も通常のトライアスロンよりも飛び抜けていて高額で48,500円です。
1人で3種目全部できないという人用にリレー形式で3種目を3人で分担して参加する枠もありますので、マラソンだけ得意だから後の種目は友達に任せて出場と言う事も可能です。

全日受付

レース本番全日にはセントレアに行って
競技説明とバイクチェックインとランの荷物を預けに行きます。
空港はアイアンマンの垂れ幕で歓迎ムードで盛り上がってます。

全日受付 全日受付

毎回朝一番の説明会でも、すごい数の選手が集合しています。
競技説明会は5回に分けて開催されています。
そのうち、英語で説明する説明会もあります。

全日受付

受け付けを終了すると腕にタグが巻かれてます。
このタグは、ゴール後にバイクを回収するまで外せません。

写真の遠くに見えるのがセントレアの飛行機。

バイクチェックイン

新舞子に移動してバイクとヘルメットの車検を行い違反や故障がないかチェックしてもらい、
合格したら車検シールを貼ってもらいます。
車検後は自転車は持ち出せないので一晩ここに自転車を置いておきます。
気にする方はビニールカバーを掛けて保管する方も。

ウイット・ レイモンド

そしてレース当日。
いつもの名司会ウイット・ レイモンドさんによる低音のいい声で会場の雰囲気が盛り上がっていく。BGMは、クイーンやボンジョビ等でテンションも上がります。

レスキュー隊

海岸ではレスキュー隊がしっかりスタンバってくれているので、安心して泳げます。

バイク準備

当日の朝もバイク準備に皆さん必死です。
バイクはメカニカルトラブルが発生為る恐れがあったり、
レース時間が一番長く補給食を自分で持たないと行けないので準備に気を使います。

 

この日は曇りで肌寒く、水温19度でスイムウオームアップと言いながら水の中で震えてました。


愛知県大村知事のスターターでプロのアスリートスタート。ヘリコプターから花束が投下されるはずなのですが今年は見落としました。

スイムスイムスイム スイム スイム スイム スイム

今年は、満月の前後で大潮。
非常に流れの速いところを遡って泳ぎ、ターンしてからは流れに任せて泳げるのですが、
そのまま流されてしまう恐れがあるので岸に向かう方向を間違えないように必死に泳ぎます。

スイムコース

スイムのコースはこんな感じ。

スイムゴール

1.9Km泳ぎ切って、まずはスイムのゴール。
砂浜に足を取られるので走るのがつらい。

ここからウエットスーツを脱ぎ身体を拭いてバイクにトランジション。
当日、審判をやっていた人から聞いた話では、
50人ほどがスイムでリタイヤしてたそうです。
流れがきつくって泳ぎで力尽きた人が多数だったんですね。

バイク

続くバイクコースはこんな感じ。
工業地帯を4周走るのはスピードも出て元気なときだからいいのですが、
この後の一般道を通るぐねぐねコースがアップダウンも多くきつい。

バイク

今回からエイドに水だけではなくバームウオーターも頂けるのはありがたかった。
通常トライアスロンをやるときは、非常に熱いので自転車の時はこのボトルの水を頭や首にかけて
水冷して身体を冷やすようにしてましたが、今年は肌寒いくらいでほとんどかけなくてもよかった。

コースも以前より走りやすい様にカーブを緩やかにしてくれていて、
接触事故が起こりづらくなっているのは助かりました。

ランコース

そして最後のラン。
この時間になってくると日差しがきつく気温も上昇。
半田運動公園のトラックを2周してから場外を走ると言うのは新鮮でした。
エイドやトランジッションで、学生さん達がボランティアで参加してくれて
熱い声援を送ってくれたのは非常にありがたかったです。

ラン

2キロごとにエイドがあり、そこで水を含んだスポンジをもらい頭から水をかけながら暑さをしのぐ。

今回は、炭酸飲料がレッドブルのみ。
トライアスロンはエイドが多いので何も持たずに走れるのがありがたいです。
15キロ過ぎたぐらいの丘の上から見えるゴールのセントレア空港の飛行機発着が見えると、
あと少しと思い元気になる。
今回は歩道橋を渡るというのもコースにありきついです。

海岸沿いの堤防を走るところも、階段が何カ所かありきつい。

ゴール

そしてゴール。
アイアンマンのゴールはオレンジカーペットがひいてあって非常にかっこよくうれしくなる。この大会の副会長白戸太郎氏の熱い握手で今回も感動のゴール。司会ウイット・ レイモンドさんから私の名前を呼んでアイアンマンと大きなアナウンスでたたえてくれるのもすごくうれしい。

これで4年連続のアイアンマン完走ですが、このレースが世界的なレースだけに本当に感動する大きな大会でやめられないですね〜。60,70歳になってもこれは続けて出て行きたいです。

今回のコース
コース

113.13 km

距離

6:14:36

合計時間

18.1 kph

平均速度

479 m

高度上昇合計

 日焼け

パンツをめくり上げゲーターを下げる太ももと、
膝だけが真っ黒に日焼けしたサンドイッチの足が出来上がり。

バイクピックアップ

レース終了後シャトルバスに乗ってセントレアに送迎してもらい、
バイクとスイムとバイクで渡した荷物を頂きに行く。

約1500人が参加ですから、自転車1台100万円と想定すると1,500,000,000円ぐらいがここに置いてある感じですね。
凄い!

 

 

佐野康治
39歳までメタボ親父が運動に目覚めてトライアスロンにはまる。チーム「ランナーズ・ハイ」運営。運動で地域活性、いいとこ再発見でマラソンや自転車でウロウロ徘徊してます。
得意ジャンル:マラソン・トレラン・自転車・トライアスロン・観光・レジャー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で