ホーム 00夏 多度山トレイル地図にないお気に入りコース

多度山トレイル地図にないお気に入りコース

シェア

多度山ハイキングコース

多度山には多度山ハイキングコースとして、眺望満喫コース(距離:約4,520メートル)・

(距離:約6,460メートル)・健脚コース(距離:約1,680メートル)の3コースが
頂上に行くルートあります。
健脚コース以外は道幅も広く走りやすいルートです。

でもトレランの練習としてはちょっと楽しみがないので
いつもこの地図にないコースをよく走ってます。

駐車場 駐車場

最近は駐車場に協力金として箱が設置。
だいたい300円という控えめな表現がいいですね〜。

入り口

多度峡駐車場から多度大社に向かってスグの所に分かりにくい場所ですが入り口があります。
左側には進入禁止になってますが、その右の細い道を通ります。

鉄扉

そうすると獣害防止の鉄扉がありますので、開けて山に入ります。

えびすルート

このルートは通称えびすルート。
扉を入ってスグに薄暗い別世界になっているロケーションが大好き。
他のルートの様にクネクネ登るのではなく真っ直ぐ最短距離で上るルートなので走って登れないですが、手っ取り早く頂上に行きたいときには便利。

山頂近く

ここに合流。

ここから頂上とは逆向きに進む。
相場振り跡

相場振り跡の看板が見えたら右折。ここからが今回のコースで大好きな場所。
相場振り跡
相場振り跡
相場振り跡からの景色
相場振り跡からの景色。名古屋方面がよく見えます。

32番鉄塔

32番鉄塔。
鉄塔を見つけるとついついこの写真が撮りたくなる。幾何学的で美しい。
水場

今回はあまり暑くもなかったので必要なかったですが、
ここの水場でタオルを冷やして休憩したりします。

稜線

この細い稜線を走るのがまた気持ち良い。

左折

多度山トレイルのコースに合流したら左折。

多度峡への看板

多度峡への看板が出たらここからは急な下りが続きます。
多度山トレイルの時は逆方向なので苦しい登り区間でした。

椅子

いつのまにかこんなところに休憩椅子が。
丁度一区切りの場所なのでありがたいですね。

合流

瀬音の森コースにまたまた合流。
斜めにショートカットするコースなので距離は短いです。

分岐点

少し瀬音の森コースを下ると左側に分かれる道を通ります。
これもショートカットルートです。

休憩所

途中開けた場所に休憩所があります。

景色

休憩所からの景色。標高が低いのでよく見えます。

黒石尾根看板

黒石尾根看板の所でまたまた瀬音の森コースに合流

こんな感じで降りてきます。

雨が降ってたのでいつもより多めに水が流れてきます。
これが冷たくって気持ち良い。

多度峡多度峡天然プール多度峡天然プール

シーズン前に貸し切りで多度峡天然プール。

アイシング

疲れた足のアイシングにこの冷たさがたまらない。
サンダルで走っているので気にせず水に入れるのがいいです。

滝

多度峡横の滝はロープがはってあり立ち入り禁止になってました。

今回のコース
コース

7.51 km

距離

12:56 分/km

平均ペース

444 C

カロリー

1:37:09

時間

507 m

高度上昇

多度グリーンファーム

多度山走った後はお楽しみの多度グリーンファームで休憩。
ジャンボフルーツかき氷 ジャンボフルーツかき氷 ジャンボフルーツかき氷

もちろんいつものジャンボフルーツかき氷を注文。
以前よりフルーツの種類が増えているような気が・・・。

ジャンボフルーツかき氷

上に乗ってるフルーツのみ完食。
まだ時期が早く寒くなり残してすみません。

佐野康治

39歳までメタボ親父が運動に目覚めてトライアスロンにはまる。チーム「ランナーズ・ハイ」運営。運動で地域活性、いいとこ再発見でマラソンや自転車でウロウロ徘徊してます。普段は桑名でビジネスホテルを経営
得意ジャンル:マラソン・トレラン・自転車・トライアスロン・観光・レジャー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で