惜しまれて3月に閉店したオートレストラン。実は営業再開していた。

惜しまれて3月に閉店したオートレストラン。実は営業再開していた。

5143
シェア

かつては全国に点在していた「深夜のオアシス」オートレストラン

長距離ドライバーの休憩施設として、
かつては全国各地に点在していたオートレストラン。

名古屋と四日市を結ぶ国道23号線沿いにも、
24時間営業のオートレストランが存在していた。

三重県桑名市にある「オートレストラン長島」だ。

▲長島スポーツランドHPより

創業は昭和51年。

食事処はもちろんのこと、
温泉やマッサージ、ゲームセンターが入っており、
「国道の楽園」「深夜のオアシス」として
長年、地元の方々やドライバーに愛されていた。

 

さらば昭和のレストラン。41年の歴史に幕

ド派手なネオンで
昭和の香りをぷんぷんさせていたわけだけど、
時代の流れに勝てずして
今年2017年3月31日に閉店

最終日には
別れを惜しむ大勢の常連客が訪れた。

さらば昭和のレストラン。

 

って、あれ?閉店したんじゃないの??

先週、オートレストラン長島の跡地を通りがかった。

すると煌々と電気がついているではないか。
え?閉店したんじゃないの??

ネオン看板は外されているものの、
確かにオートレストラン長島だ。

どういうこと??

さりげなく張られていた
リニューアルオープンの紙。

さりげなさすぎる・・・。

 

実は運営元が代わり、営業再開していた。その影には・・・

以前は、
名鉄協商が運営していたオートレストラン長島。

実は5月より運営元が代わり、
オートレストラン長島の屋号を引き継ぎつつ、
「オートレストランそら」として営業再開していたのだ。

3月末に閉店して、5月に開店。

すごいスピード感である。

一体、引き継いだという会社はどこぞや。

調べてみるとその影には・・・

 

出たー!!
住宅メーカー 株式会社やまぜんホームズの前野社長!!

▲しゃちょー!!

同市内で、
だるまうなぎ等の飲食事業も手掛けるやまぜんホームズ。

今年3月、東京証券取引所に上場した際、
OTONAMIEでも取材した名物社長である。

参考:東京証券取引所に上場した三重の会社社長と対談したら、予想以上の少年感だった。

 

オートレストラン長島を引き継いだ理由を聞いてきた

以前の取材で判明したとおり、
こちらの前野社長の少年感は半端ない。

▲オートレストラン長島の図面をもとに、夢を語りまくる社長。

相変わらず、
少年のように目をきらきらさせた社長に、
オートレストラン長島を引き継いだ理由を伺った。

答えはシンプルに「好きだったから

地元で愛されていたオートレストランは、
社長も常連客だったのだそう。

2月末に閉店の事実を知り、
運営元の名鉄協商にアプローチ。

3月末の閉店後、
スタッフを募集後、
準備期間 約1ヶ月でリニューアルオープン。

さすがアタッカーな社長。
猛烈なスピード感。

▲取材中、突如、卵をもらうOTONAMIE代表 村山

改めて社長から、
お客様ファーストの志と、
夢に向かって1歩でも半歩でも
踏み出すことの大切さを学び、
やまぜんホームズ本社をあとにする。

▲卵を抱え、やまぜんホームズ社を出るOTONAMIE代表村山。

 

そして、リニューアルしたオートレストランを訪ねた

内装は変わらずに、
ノスタルジックな雰囲気は当時のまま。
残念ながら、
温泉やゲームセンターはやっていない。

裏手にはガーデンゴルフ場。
レストランの席数は80席。
古いが清潔感がある。

責任者の谷田さんにお話を伺った。
--谷田さんの任務は何ですか。

谷田:今は主にこちらのレストランの運営です。

 

--御社の社長のスピード感、半端ないですよね。

谷田:はい。すごいです。
レストラン再開において、私が(先方との)打ち合わせに初めて参加したのは3月中旬でした。

リニューアルオープンまでの準備期間は約1ヶ月。
怒濤でしたね。

 

--お客様はどのような方がいらっしゃいますか。

谷田:地元の方やドライバーさんですね。
近くの農家の女性グループや、ご家族連れの方もいます。

 

--復活を喜ぶ声がありましたか。

谷田:はい。開店早々に、昔からの常連さんや、たまたまラジオで聞いたというドライバーさんが来て下さいました。

 

--営業時間を教えて下さい。

谷田:午前11時から午後22時です。
常連さんからは「にーよんでやらんのか」という声は頂きますが今はまだ。
あ、24時間のことをにーよんと言うそうです。

 

--温泉は再開しないのですか?

谷田:それもよくご要望頂くのですが、大きな修繕が必要になるため、現時点で予定はありません。
先日も、とある男性に「温泉やらへんのか!!」「なんでや!!」と熱く言われました。

因みに、4月1日より、
駐車場には3m以上の大型トラックは、
入れないようになっているのでご注意を!

 

昭和のドライブイン。逆に新しいってやつ

一番の人気メニューは、
復活した伝統の味噌カツ。

そしてリニューアル後、
おすすめメニューとして登場したのはミスジステーキ

▲タレとわさび醤油、お好みで。

ミスジは牛の肩甲骨の内側で、
幻といわれる希少部位。

赤身肉特有の旨みと弾力が味わえ、
余分な脂がない分、女性にもウケが良い。

お値段は、なんと200gで1220円。
破格である。

数時間煮込んだどて丼も美味。

▲これで590円!セルフサービスゆえ、どのメニューもリーズナブル。

空間に、非常に馴染んでいる髭面のお二人。

▲庭師兼名古屋でシェアハウスを運営する岳ちゃん(左)と、OTONAMIE代表の村山(右)


--お二人、オートレストラン似合いますね。

村山:いやー、これですよ。お洒落なカフェみたいに肩肘張る感じではなく、美味しいものをリラックスして食べられるこの雰囲気。

岳ちゃん:そうそう、パジャマとかジャージでも入れる感じ。

村山:わかるわー、逆に新しいんちゃいます??

▲盛り上がるおっさん二人。

確かに、イマドキのお洒落スポットに
マンネリを感じている人、結構いるのじゃないかな。

おっさんもハマるけど、
恐らく、若い女子も意外とイケる。

これが”逆に新しい”ってやつか。

▲ごちそうさまでした。

オートレストランの近くには、
長島スパーランド(遊園地)や温泉、
本秋には日本最大級となるアウトレットモール等、
ファミリーでも楽しめる施設が揃っている。

復活した昭和のドライブインレストラン。

あのやまぜんホームズのことだから、
これからまだ面白いことを考えているに違いない。

今後の展開が楽しみである。


オートレストランそら
住所: 三重県桑名市長島町福吉526−17
電話: 0594-45-8866
時間: 10時00分~22時00分

福田ミキ
フクダミキ。OTONAMIE副代表。OTONA MASTER。
仕事は東京の企業の社長秘書兼オフィスワークセンター長。数年前から社会人学生でもある。2014年に夫の都合で東京から三重県桑名市にお引越し。涙したのも束の間、新境地に疼く好奇心。外から来たからこそ感じるその土地の魅力にはまる。この記者が登場する記事
※くわブロにて情報更新中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で