スケボーが好きで、ついつい自分でランプをつくっちゃった。なんかいいなーと思うわけです。

スケボーが好きで、ついつい自分でランプをつくっちゃった。なんかいいなーと思うわけです。

347
シェア

スケボーが好きで、ついつい自分でランプをつくっちゃった。

そんな情報を知り、お会いしに行きました。

初対面ながら和やかに迎え入れてくれた稲継さん。

会社の倉庫にランプをつくっちゃった。仕事の合間みて、ちょこちょこと。

でもなぜ作ったのか、理由をお聞きしました。

稲継さん:6割は子ども達とその友だちのため。4割は自分とその友だちのためです。材料などは友だちが寄付してくれました。このランプは寄付の塊です。

スケボーは好きだけどそこまで本気ではなく趣味の一貫で、他にもサーフィンも好き。
プロを目指すとかでは全くなく、ただの趣味。
今晩は滑り納めに、仕事が終わったら友だち一家と長野までスノーボードへ。

稲継さん:ランプをつくったら、こども達が集まってくるかなと。そしたら親も集まってきて、なんか人が集まってくると楽しいことがはじまる気がして。

ランプ目的で集まったお子さんの友だち家族と、ここでBBQをしたりすることもあるみたい。
なんかいいなー!

ぜんぜん知らない子どもでも、使っていいそうです。
ただし、仕事をしているので誰かが会社にいるとき。
そして商売ではないので、ケガの保証などはなく、できるだけ親も付き添いで見てあげて欲しいとのことです。

取材をしていたら5歳と2歳のお子さんが帰ってきました。

:おじさんにスケボーしとるところ、見せてよ。

お子さん(5歳):ええよ。

:怖くないの!?

お子さん(5歳):うん。

:将来は何の仕事したいの!?

お子さん(5歳):んー、わからん。

:スケボーとスノボー。どっちが好きなん!?

お子さん(5歳):うーん。どっちも。

:キミ(2歳)もスケボーするの!?怖くないの!?

お子さん(2歳):・・・ちょっとこわい。

飽きて走り出すお子さん達。

:なに持っとるの!?

お子さん(2歳):ダンゴムシ。

帰り際に見送ってくれる稲継さんとお子さんたち。

なんかいいなーと思うわけです。

肩のチカラを抜いて、自然体で。

楽しむことに前向きで。

実は稲継さん、OTONAMIE発足時からずっとSNSで応援(フォロー)してくれていた方のお一人です。
いつの間にか個人のSNSでも繋がって、ランプつくっちゃったの知って、お会いさせていただいて。

こういう温かい方にOTONAMIEは支えられていると思うと・・・、

なんかいいなーと思うわけです。

 


 

スケボーのランプがあるところ

株式会社稲和さん
住所:松阪市幸生町535-1
電話:0598-20-8622

yusuke.murayama
村山祐介。OTONAMIE代表。OTONA MASTER。
ソンサンと呼ばれていますが、実は外国人ではありません。仕事はグラフィックデザインやライター。趣味は散歩。昔South★Hillという全く売れないバンドをしていた。この記者が登場する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で