昭和にタイムスリップ@ヨコモク

昭和にタイムスリップ@ヨコモク

599
シェア

鈴鹿市に住んで早30年ですが、こんなにotona女子心をくすぐるお店が鈴鹿にあったなんて!

おばあちゃんの家にあったようなミシンが‼︎
小さい頃に遊んだような人形が‼︎

まるで昭和50年代の田舎のお家にタイムスリップしたような空間!


このレトロな懐かしさがたまりません♡

おばあちゃんの家に来たような懐かしさ♡


今時の子供には、見るもの全てが珍しいらしく興味津々。今は売ってないような貴重なものばかりで私は、壊さないかハラハラドキドキですが…。

奥の部屋には、アンティークな着物や帯の数々。


何枚でも欲しくなってしまいます(笑)鈴鹿市は、伊勢型紙や鈴鹿墨などの伝統工芸も栄えた場所なので、こんなアンティークな着物が残っているのでしょうね^^


ほら!大人女子が夢中で着物を選んでます!一体何枚あるのだろうという豊富さ♡


この鍋とかポットも懐かしくないですか?この花柄は昭和では主流でしたよね!


とても懐かしい雑貨達に無我夢中で楽しんでいたのですが…牛に引かれ…いや息子に引かれ泣く泣くお店を後にして来ました。

今度は一人で思う存分昭和に浸りたいと思います♡


ヨコモク(横田材木店)
住所 鈴鹿市白子本町18-27
ヨコモク http://yokomoku.exblog.jp/

岡田聖子
岡田聖子。Otona Muster 兼 記者。NPO法人shining理事長、ママそらみえ支部代表、介護支援専門員、心理カウンセラー、ゆめのたね放送局パーソナリティ。得意ジャンルはグルメ、お出かけ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で