自宅に鳥部屋(•ө•)??トロピカルな鳥30羽との暮らし。

自宅に鳥部屋(•ө•)??トロピカルな鳥30羽との暮らし。

316
シェア

あなたの趣味は何ですか??

よく受ける質問だけど、
はっきりとした趣味がない自分は、いつも回答に迷う。

「自宅に趣味部屋も作っちゃった」なーんていつか言ってみたいな。

だって、
趣味部屋=どっぷり趣味に浸る部屋=大人の素敵な暮らし

という気がして、憧れちゃうもの。

 

■何気ない一言にロックオンしちゃったランチ

ご縁あって、
初めましての女性とランチ中、
何気なく、不思議な言葉が飛び出した。
DSC_0479

お相手:「でね、うちの鳥部屋に、~」

ん??

ちょ、ちょっと待って、今のところスルー出来ない。。

鳥小屋じゃなくて鳥部屋??

 

■気になっちゃって仕方ないのでご自宅へお邪魔した

 

「ここです」

鳥部屋という部屋の前にて、
かばんを置き、コートを脱ぎ、鳥部屋専用スリッパに履き替える。

いざを開けると・・・・・・

いたーーーーーー!!!!
IMG_0587

ハッとした顔で見てくる鳥に、
私も ヒョォッ∑(゚◇゜ノ)ノ。

30㎝以上あるインコ。

見てる、見てるよ!!!

ふと横からも視線を感じ、振り向くと、

めっちゃ見てる!!
IMG_0550

 

■これはまさに鳥部屋だ!!

鳥部屋にはその名の通り、
30羽以上の鳥がおり、それはそれは賑やか。
IMG_0575壁は防音、窓は二重、温度は一定、
鳥の水浴び専用のシンクまで完全設備。

まさに鳥のための部屋。

幼少期にお母さまがもらってきた文鳥がきっかけで、
鳥が好きになったという飼い主さん。

大人になったら鳥に囲まれて暮らしたいと思っていたそう。

「オトナになってよかった〜」と仰る。

鳥の魅力を伝えたいという想いも強くお持ちで、
一時は80羽以上も飼っていたとか。
(目標は100羽だそう)

 

一番大きなインコは1メートル以上の大きさ。

IMG_0548
▲日本では色や大きさでインコとオウムを言い分けることがあるが、どちらでもいいらしい。

トロピカルで鮮やか。かつ模様もすごい。
IMG_0569

 

■インコにおやつの落花生をあげてみた

落花生を殻ごと差し出してみた。

すると・・・


持った――!!!
IMG_0559
しかもこのドヤ顔!!

 

そして器用にを剥く。
IMG_0558 (1)

 

剥きながらも、私を明らかに意識している様子。
IMG_0561

 

もっともっと♪
IMG_0557 (1)

 

殻から身を取り出し、
更には、口の中で転がしながら、
薄皮まで綺麗に剥くところなんて、もうテクニシャン認定レベル。
IMG_0571胡桃も割れるらしい。

 

あまりにも驚いて、
落花生をむしゃつく姿を、
呆然を眺めていたわけだけど、
IMG_0598

 

おやつを握りしめ、
カメラ目線でもぐもぐする鳥にジワる。
IMG_0600

ひょうきんで表情豊かな鳥。
目が離せなくなっている自分。

 

■飼い主さんが感じる”鳥の魅力”について聞いてみた。

知能レベルも学習能力も高く、
多少の言葉も理解できるインコ。

口ばしを撫でると、
気持ちよさそうにじゃれてくる。

IMG_0593
▲このこはヨウムというアフリカ産のインコ。

人間の愛情にも敏感なのだとか。

IMG_0595
▲微笑みの天使♥

 

予想以上に大きなインコにビビったが
慣れてきた頃に小鳥を見ると、
ものすごく華奢で可愛く見える。
反面、若干の物足りなさを覚えるから人間というのは不思議だ・・・。
IMG_0589

しかし30羽もいたら、
毎日の餌やり・水交換・お掃除諸々、大変そうと思うのだけど、
幼少期から鳥のいる生活をしていた飼い主さんは、
さほど気にならないとのこと。

因みに、
鳥の魅力について伺うと、
「犬は人をボスだと思うけど、本当になついた鳥は人を伴侶だと思ってくれるところでしょうか」
とのこと。

こちらにいる鳥はほとんど手乗り。

それにはヒナの頃から刷り込みを利用して、
親に代わって1日3時間起きに餌をあげて慣らしていくため、
育てた感ハンパないらしい。

IMG_0578
▲つぶらな瞳が可愛い。

 

 

■鳥部屋にお邪魔してみて思ったこと

正直、最初は、ビジュアルと目力に負けそうになったけれど、
それぞれの個性や喜怒哀楽について教えてもらっているうちに
愛着が湧き、鳥の魅力にちょっぴり触れられた気がする。
IMG_0579

なにより、鳥たちの動きが面白すぎて、夢中で見入ってしまった。

 

気になる「鳥部屋」は、
鳥の快適な生活空間で、
鳥とのを育める素敵な部屋だった。

 

いつかご自宅に”鳥100羽”という世界ものぞいてみたいものだ♪

 

 

 

福田ミキ
フクダミキ。OTONAMIE副代表。
仕事は東京の企業の社長秘書兼オフィスワークセンター長。数年前から社会人学生でもある。2014年に夫の都合で東京から三重県桑名市にお引越し。涙したのも束の間、新境地に疼く好奇心。外から来たからこそ感じるその土地の魅力にはまる。この記者が登場する記事
※くわブロにて情報更新中