voice. 遊郭が存在していたほど栄えていた漁村、引本。

voice. 遊郭が存在していたほど栄えていた漁村、引本。

892
シェア
LINEで送る

11月の後半。
その日の日差しは柔らかく、包み込むような温かさが心地良い。

sondsc_0039

偶然通りがかったこの漁村の風景にもう少し浸っていたくなり、クルマを降りて歩いた。

sondsc_0054

ところどころに残る店。お好み焼き店、商店、美容院。

sondsc_0041 sondsc_0058 sondsc_0042

昭和の名残を残した街並み。

 


 

 

一緒にいたカメラマンが声を掛けられていた。

sondsc_0084

昨日尾鷲の港で出会った、干物屋の主人らしい。

sondsc_0079

店に入れていただいた。

sondsc_0080

主人と会話をして間もなく、おばちゃんが干物を買いに店に入ってきた。

ccsondsc_0067

「このトロメカジキな、娘がめっちゃ美味しいって言うから、また買いにきたんさ。」

ccdsc_0077

トロサバミリン、キハダマグロミリン。

ccdsc_0069

ccccdsc_0071スルメミリン、アンコウミリン。

干物に詳しい訳ではないが、日常の暮らしであまり目にしたことがない品物だ。

「なんでもミリン干しにしたるんさ。」

以前は鰹節屋を営んでいた主人は、ニコっと笑った。
きっと、魚の味をよくご存知なのだろう。よくよく聞くと漁業関連の組合長という。

その後、ご主人に近所の通称雑節屋を案内していただいた。

 


 

鰹節ではないサバ節などを生産している。

sondsc_0110

海外製のサバ節などの輸入が主流となり、このような雑節屋は、三重県で唯一となってしまったとお聞きした。

sondsc_0092

「昔はうどん屋も、寿司屋も、遊郭も二軒あった。栄えとったんや。」

15年くらい前から急速に過疎化が進んでいるという。

 


 

 

sondsc_0053

過疎化。
よそ者の私が書くのも恐縮だが、その原因は簡単には説明できないくらい、いろいろな要因が複雑に絡み合っているのだろう。

sondsc_0046

視点を変えれば、余計なモノがないシンプル漁村はとてもスタイリッシュに、また斬新に映る。

複雑過ぎる環境で生きる現代人は、ココロのどこかでシンプルさやプリミティブといった価値を求めているのではないだろうか。

sondsc_0043

過疎化の原因となる複雑に絡み合った糸の束は、もう解くことは不可能なのかもしれない。

でも、違う地から続く新しい糸をそこまで伸ばし、絡み合った糸から必要な糸を抽出して新しい糸と繋げれば、何か新しいコトが始まる気がしてならない。

sondsc_0117

それはとても細い糸かもしれないが、束となれば強度は増す。さらに細い糸でも紡げばもっと強くなる。

繋ぐ技術、紡ぐ技術を習得するのに、特別な資格はいらない。そこには想いがあればいい。イメージがあればいい。

 

voice.

そこにあるリアルな声を届けたい。

 

 

 

yusuke.murayama
村山祐介。OTONAMIE代表
ソンサンと呼ばれていますが、実は外国人ではありません。仕事はグラフィックデザインやライター。趣味は散歩。昔South★Hillという全く売れないバンドをしていた。この記者が登場する記事
シェア