ホーム 02【遊びに行く】 漁村の床屋に入ったら、そこには宇宙が存在していた・・・。

漁村の床屋に入ったら、そこには宇宙が存在していた・・・。

シェア

こんにちは!OTONAMIE代表の村山です。
今日も漁村からGood Day!

img_6685

img_6648

「漁村ってフォトジェニックだなー」と、夏くらいからいろんな漁村に行くたびに思います。

行けば行くほどその魅力にハマっていく漁村。
そして私の漁村への関心が、いろんな意味でディープな方向に向かってきています。

漁村の過去記事

●まだ沖縄の離島とか行ってんの?三重の漁村がじゎじゎキテます!@150人の小さな漁村with野田クラクションベベー

●voice. 離島、答志島。

img_6654 img_6656

ん?床屋さん?

tokoya

気になってしまいました。
沖縄の離島感、いやドクターコトーのドラマを彷彿とさせる存在感。

img_6692

インタビューすることにしました。
「こんちわー」と元気よく玄関先で挨拶をしてみました。

img_6690

あれ?だれもいないのかな?と思いきや、おじさんが寝転がっていました。

おじさん「どーしたん?」
「いま取材のロケハンでこの辺りを巡っていまして。」
おじさん「へー、そうなんや。」

img_6700

「整体もされているのですか?」
おじさん「うん。修行してきたんやわ。えーと外に看板替わりにかけてあったやろ。えーと、これこれ。」

img_6704 img_6701

「そうなんですね。それより、壁にいっぱい貼ってある紙は何ですか?」

img_6695

おじさん「囲碁の作戦。」
「すごいですね!これ全部違う作戦なのですか?」

おじさん「うん。こんなん一部やで。」
「えっ!?」
おじさ「家には寝るところ以外、こんな紙だらけやわ。」

img_6698

おじさん曰く、この書は有名な囲碁の棋士からいただいたらしく、その棋士は滅多にこういう書を誰かにあげることはないらしい。

rereimg_6695

囲碁で黒と白が打つ平均回数は、両者合計で200手強らしい。
変化の数は10の700乗を超えるらしい。
囲碁は、瞬時に物事の大局を把握する力や感性を養成する芸術らしい。
囲碁は神様が創った最高の芸術らしい。
神とは真理・真実・宇宙ことらしい・・・。

まさか漁村の床屋で「宇宙」を発見するとは。

おじさんとお別れをして、玄関を出ました。

img_6707

玄関先で、猫が不思議そうに私を見つめていました。

 

神様、真実ってどこにあるのですか?

 

 

yusuke.murayama

村山祐介。OTONAMIE代表。OTONA MASTER。
ソンサンと呼ばれていますが、実は外国人ではありません。仕事はグラフィックデザインやライター。趣味は散歩と自転車。昔South★Hillという全く売れないバンドをしていた。この記者が登場する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア