ホーム 01【食べに行く】 夫婦愛が美味しいアマゴを育む@白山

夫婦愛が美味しいアマゴを育む@白山

シェア

「お父ちゃんこれでおーとる?」
「おーとる。おーとる」

今回もこんな微笑ましいやりとりを聞き、お店を後にしました。

津から20分程、名張に抜ける165線を右に少し入った場所にある一ノ坂!

知る人ぞ知るアマゴのお店♩
通年アマゴが食べれるお店として愛されています。

初めて行った人はびっくりのお店までの道(笑)
ロケーションは最高ですが、着くまではあっているのか?と真剣不安になります。


お店に着くと、これまたほんとにあっているのかと思う静けさ。
一つ目の建物に声をかけると、おじちゃんとおばちゃんがお出迎えしてくれますが、声掛けなければずっと待ちぼうけかも…⁈


お部屋は全て個室というか、一つの建物?離れ?になっており、子連れでも安心♩

お部屋に着くとこんな感じで用意されており、おばちゃんが炭を持って来てくれます。

お部屋の中で自分でアマゴを焼くんです♩



アマゴを焼きながらお刺身、バター焼きをつまみに話も弾みます。

お部屋からは綺麗な清流が!


川魚が苦手な友人も、ここのアマゴは全くクセがなく食べれる!と言うほどクセがなく美味しく頂けるアマゴ料理♩

アマゴの塩焼きは、焼き方は教えてくれますが水抜きも自分!焼いては水を抜き、焼いて水を抜きを繰り返し手間はかかりますが、美味しいアマゴの塩焼きが♡


締めはアマゴの釜めし♡
はい!食べ切れませ〜ん。でもお持ち帰り用の容器をくれますのでご安心を。


気の利いたサービスは期待できませんがほっこり出来るひととき♩

「お父さん、元気に長生きしてね♡」というと「歳もだいぶとったけどアマゴのお店は頑張って続けるさ」といつも言ってくれるお父さんと、寄り添うお母さんのやりとりにはいつ行っても癒されます。


一ノ坂
住所: 三重県津市白山町上ノ村
電話:0592623806


岡田聖子

岡田聖子。Otona Muster 兼 記者。NPO法人shining理事長、ママそらみえ支部代表、介護支援専門員、心理カウンセラー、ゆめのたね放送局パーソナリティ。得意ジャンルはグルメ、お出かけ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で