ホーム 04【知る】 【もっとOTONAMIE】ゲートボール場に集まる生涯現役アスリート達。潜入取材。

【もっとOTONAMIE】ゲートボール場に集まる生涯現役アスリート達。潜入取材。

シェア

もうすく運動の秋、みなさん体動かしていますか?

こんにちは、なぜかこの夏松崎しげるバリに日焼けしてしまったnari_bowです。

先月閉幕したリオ・オリンピックで日本は史上最多のメダル獲得で盛り上がりましたね。中でもカヌー競技で日本初のメダル獲得の偉業を果たした羽根田選手は印象的でした。こうしてマイナースポーツが日の目を見ると嬉しいですよね。OTONAMIEもマイナー三重をもっと発掘していきたいと思います。

って事で今回は、身近なマイナースポーツをご紹介します。

白く四角いフィールドで繰り広げられるあのスポーツ。
%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%88%e3%82%99ゲートボールです。

実際に見かけた事はあるけど、実際にプレイした事がある人は少ないんじゃないでしょうか?

今回、津市ゲートボール倶楽部 立誠チームのアスリートの皆さんを訪ねてみました。

朝8:00過ぎ。

続々とメンバーの方が集まります。
img_4412%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

こちらはチームリーダーの西村正敏さん(72歳)。
%e8%a5%bf%e6%9d%91%e3%81%95%e3%82%93見た目は頑固で怖そうですが、とても優しく、私を招き入れてくれました。ちなみに西村さんがチーム最年少です。

とりあえず集まった皆様にOTONAMIEの説明をしました。

私「三重の情報を発信しているWEBマガジンOTONAMIEです。今日は皆様のゲートボールされている姿を取材させてください。普段通りで結構ですのでよろしくお願いしまーす!!」

とりあえず、大きな声で挨拶しておきました。

西村さん「うぇぶまがじん?なんやそれ?」

私「インターネットで見れる情報サイトみたいな。三重県のいろんな事を…」

西村さん「インターネット?サイト?よく分からんなぁ。」

私「……パソコンのヤツです…。」

西村さん「あーパソコンのヤツな!!うちパソコン無いでなー!!川口さん、あんたパソコン持っとったやろー?」

川口さん「あぁー。パソコンあるけど、インターネットもうやめたわー」

私「携帯でも見れますよ。こんな感じで!!」

青山さん「(得意気に)これでなー!!どう見るの???」

青山さん。御年80歳。キュートなピンクのガラケー。
青山さん。キュートなピンクのガラケー。

私「すみません…スマホのみです…」

西村さん「そんなんで見れる訳無いやろぉー!!ガハハハハハ(笑)!!まーとりあえず練習始めよかー!!」

こんな感じのオジイギャグが飛び交うやり取りがおよそ15分。いよいよゲートボールがスタートです。

西村さんにゲートボールのルールを説明していただきながら観戦させていただきました。
ゲートボールってチーム競技なんです!!ゴルフみたいな個人競技かと思ってました。

赤白の2チーム別れて行われます。チーム分けはくじ引き。この時点から皆さん真剣な表情です。
引いたくじの番号のワッペンを付けます。この瞬間から番号で呼び合います。軍っぽいですね。
%e3%81%8f%e3%81%97%e3%82%99%e5%bc%95%e3%81%8dルールを簡単に説明すると、コートには3つのゲートとその真ん中に1つのポールがあります。順番にゲートを通過し最後に真ん中のポールに当てる。いわばスゴロクみたいな感じです。しかしその道中では、相手のボールに当てて邪魔をしたり、味方のボールを助けたり様々な作戦が繰り広げられます。1ゲーム30分と時間制限もあります。

赤組・白組、各5名のチーム戦。制限時間もきっちり計る。
赤組・白組、各5名のチーム戦。制限時間もきっちり計る。
%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88
チームのマドンナ光子さん。
imgp9295%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
この日最年長の川口さん。とてもお元気です。

ゲートボールは第二次世界大戦後、子供達の遊びとしてクリケットを真似て作られた日本発祥のスポーツだそうです(諸説あり)。仲間と助けあってゴールを目指すところが日本人ぽい。
%e5%85%89%e6%99%afこそこそ作戦を立てたり、指揮官の指示を煽ったり。思った以上に白熱してます。
%e4%bd%9c%e6%88%a6%e4%bc%9a%e8%ad%b0%e7%9c%9f%e5%89%a3ゲートボールって爺ちゃん婆ちゃんの井戸端会議の延長的なものだと思っていませんでしたか?

%e3%81%bf%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93
あーーーーーっ!!悔しい!!

当初私もそう思ってました。ゲートボール上で繰り広げられる、お年寄りのほのぼのした会話や昔話を取材しようと考えていたのですが、終始白熱したゲートボール談義のみ!!ほのぼのどころがギラギラしたお年寄りのパワフルさに圧倒されました。

これぞゲートボールの醍醐味「スパーク打撃』
これぞゲートボールの醍醐味『必殺スパーク打撃』

この打法、かっこいいです。敵味方問わず別のボールに当てるとできるんです。これて相手ボールを外へ出したり、味方ボールを有利な場所へ送ったり。その名も『スパーク打撃』。ファンキーなネーミングですね。皆さん満面のドヤ顔でスパークします。

最後に皆さんに聞いてみました。

私「皆さんの元気の秘訣はやはりゲートボールでみんなとお話ししながら体を動かしていることですかねー」

西村さん「そうやな。毎日楽しんで体を動かしとるからみんな健康。練習日は年363日やっとるで!!朝の8:30-12:00頃まで毎朝や。」

私「えぇ…?」

西村さん「正月に2日休んで、あとは雨とか降らんだら毎日やっとるで!!」
%e7%9c%9f%e5%89%a31西村さん「一昨年は三重県を代表して全日本大会にも出場したんや!!今月は東海大会にも出場するし、来月は中部地区大会。みんなで遠征に行くんやで!!」

「マジか…?」

ただ単に近所の爺ちゃん婆ちゃんが暇つぶしに集まって遊んでると思ってましたが、皆さん本気でした。しっかりとチームとしての目標を持ち、日々練習に励んでいるからこそ、身も心も若々しく元気でいられるんですね。

私「チームに入会するにはどうすればいいんですか?」

西村さん「1回練習を見に来てもらって、入りたいって言ってもらえればOK。入会金¥3500-で入れます。中学生以上な。お兄さん入ってくれるんか?」

私「まー早くて30年後位ですかね…その時はよろしくお願いします…」

西村さん「ここにおる人間誰も居らんわー。ガハハハハ!!!こうしとる間もワシら少しづづ青谷に近づいとるんやでお兄さん!!ガハハハハ!!」
※青谷=津市の斎場「いつくしみの杜」がある地名。

こんな感じで、オジイギャクが終始炸裂するゲートボール場。なんだか逆にお年寄りから元気をもらってしまいました。見たことない飴ちゃんももらえます。

どんな味がするのか想像もつかん....
どんな味がするのか想像つかん….

とても記事にはできませんでしたが、下ネタも相当。
爺さん婆さんがまるで中学生のようにはしゃいでいる光景。なんだか羨ましくも思いました。

%e9%9b%86%e5%90%88%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
皆さんこれからもお身体を大切に、元気な爺婆でいてください!!
今度お邪魔するときは、ちゃんと差し入れをお持ちしますね….


おまけ動画

nari_bow

nari_bow。OTONAMIEアドバイザー。OTONA MASTER。三重県津市出身。
〝三重のいいもんを世界へ〟を目標に日々瞑想中…
休日はなるべく県外へ遊びに行くよう心がけている。
太りやすい体質。
この記者が登場する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で