ホーム 01【食べに行く】 広がるこども食堂@桑名

広がるこども食堂@桑名

シェア

「こども食堂」

ご存知ですか?

なんと、日本の子ども達の6人に1人は、貧困のため、お腹いっぱいごはんを食べられないのだとか、、、

そんな子どもたちが、無料、もしくは格安でごはんを食べられるところを作ろうという取り組みを、「こども食堂」といいます。

全国で急速に広がりつつある取り組みですが、三重県では2016年3月から、2カ所(いずれも桑名市)でスタートを切りました。

そのひとつ、

桑名市陽だまりの丘にある
『わくわくフレンズ』さんにお邪魔しました(^^)

閑静な住宅街の、素敵な一軒家に、可愛らしい看板が。

おじいちゃん、おばあちゃんが迎えてくれます。

今日のメニューはなーにかな?

こども食堂は寄付とボランティアを中心に運営されています。

食材の多くは、企業、個人から提供されています。


席に座ると、

「こどもちゃん用ね~!」とすぐさま出してくださいました。


大人もすぐ出してもらい、


みんなでごはんを食べます(^^)
食べたら各々遊び始める子ども達


大人もおしゃべりに花が咲きます♡

手作りの、輪投げもあります( ´ ▽ ` )ノ


ごはんを食べたあとは自由解散なのですが、

「帰るときはお菓子持ってってね~!」

と言われ、早速開けるうちの子(笑)

毎回このお菓子が楽しみでしょうがないみたいです(^^;;

全国のこども食堂のカタチは様々ですが、

わくわくフレンズさんは、貧困や孤食でなくても、みんなとごはんを食べることを楽しむために、赤ちゃんからお年寄りまで、みんなが集まる、楽しい食堂を目指されています。

面白そう!

楽しそう!

と思ったら覗きに来てください(^^)

そしてあなたの周りでも、こども食堂、広めてみませんか?


わくわくフレンズ

毎月第2.4木曜日 17~19時
住所:三重県桑名市陽だまりの丘7丁目2835
TEL:0594-31-5075
http://taiyo130.jimdo.com/



しおママ

しおママ。OTONAMIE公式記者。6歳と3歳の姉妹のママです。こども食堂・くわなアンジープロジェクトなど、「こども」キーワードで活動中。桑名で子育て!しおママブログ♪更新中!得意ジャンルは、食べ物・子連れスポット・イラスト・手作り・イベント。
この記者が登場する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で