ホーム 01【食べに行く】 01ランチ・スイーツ・カフェ・パン・女子会 OTONAMIE的サミット関連商品お菓子部門。贅沢伊勢海老あられ@野田米菓

OTONAMIE的サミット関連商品お菓子部門。贅沢伊勢海老あられ@野田米菓

シェア

OTONAMIE的サミット関連商品お菓子部門グランプリに輝いた商品。

「贅沢伊勢海老あられ」

iseebiarare

IMGP7375copyこの商品を作っているのが津市大里にある株式会社野田米菓。
創業80年を越える老舗企業だ。
以前、揚げたてあられの記事でも紹介させていただいた。
以前の記事はこちら

素敵な笑顔でお出迎えいただきたのは、代表取締役の野田恵子さん。
地元では知らない人はいない、名物女将。 有名社長だ。
国産原料に徹底的こだわり、独自の製造技術で美味しいあられを作られている。

社長の野田恵子さん。笑顔が眩しい。
社長の野田恵子さん。笑顔が眩しい。

早速、「贅沢伊勢海老あられ」を試食させてもらった。
IMGP8752野田あられ独特のサクサク食感と口の中に広がる伊勢海老の濃厚な風味。これは間違いなく大人向けの贅沢あられだ。

伊勢海老の殻や海老エキスなどを配合し商品開発をしていたが、思うような風味が再現できず試行錯誤を繰り返した。そして最終的にたどり着いたのが今の贅沢伊勢海老あられ。実はこのあられ…

伊勢志摩産の伊勢海老を丸ごと粉末にしている。
殻だけじゃなく、丸ごと一匹。
しかも、他の海老は使わず、伊勢海老のみ100%使用。
生地に使われる餅米も、国内産の羽二重餅米を使っている。
商品名の通り、贅沢なあられだ。

現在2種類のパッケージで販売されている。

IMGP8761copy
kimonogirlコラボパッケージ(左)野田米菓オリジナルパッケージ(右)

伊勢志摩サミットが今月いよいよ開催される。三重の美味しいものをたくさんの人に知ってもらえればと語る野田社長。
先代から長年引き継いだ伝統の技と三重県が誇る食材のコラボレーションでできた贅沢あられ。ぜひ一度ご賞味あれ。

DSC03360copy DSC03508copy DSC03455copyIMGP8762copy
贅沢伊勢海老あられ 主な販売店
・野田米菓直売店(本社工場向かい)
・近鉄線主要駅構内のファミリーマート(名古屋・四日市・津・宇治山田・賢島など)
・津銘菓(津駅チャム1F)
・津河芸 道の駅

また、名張市出身のイラストレーター KeiOkudaさんデザインのパッケージのあられは下記から購入できます。
Kimonogirl 伊勢海老あられ


株式会社野田米菓

住所:三重県津市大里睦合町2548−4
電話:059-230-7772
http://www.nodabeika.co.jp/


おまけ写真

IMG_3598copy
なるほど、あられ屋だけにね…
nari_bow

nari_bow。OTONAMIEアドバイザー。OTONA MASTER。三重県津市出身。
〝三重のいいもんを世界へ〟を目標に日々瞑想中…
休日はなるべく県外へ遊びに行くよう心がけている。
太りやすい体質。
この記者が登場する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で